栄養・栄養素核酸 > 多く含む食品
核酸nucleic-acid

核酸の効果 - 細胞の主要成分である核酸の効果と働き

核酸の効果と効能

動植物のすべての細胞に存在する核酸。

核酸は、細胞核の中に存在し、酸性の性質を持つことから「核酸」と名づけられました。

核酸は、細胞を作る遺伝子情報を司るDNAと、DNAの遺伝情報をもとにタンパク質を合成するRNAで構成される高分子の有機化合物です。

そして、核酸は、細胞の主要成分であり生命の維持には欠かせない物質です。

今回は、そんな核酸の効果や働きについてご紹介します。

そもそも核酸とは?

核酸は、タンパク質とともに、生命活動の元となる細胞を構成する主要成分です

核酸は、酵素によってアミノ酸に分解されたタンパク質を、皮膚や髪、内臓、血液など必要な場所に応じてアミノ酸を組み合わせ、タンパク質に組み立てなおす役割があります。

核酸は、肝臓で作られていますが20歳頃にピークを迎え、その後は核酸を作る力が弱るため、サプリメントやカキの白子などの食品で補うことが必要になります。

核酸によって、新しい細胞が作られることにより、老化を予防し、健康で若々しい体を保つことができます。

美肌効果 - 肌の生まれ変わりターンオーバーの促進

肌(皮膚)は、古い角質が垢となって剥がれ落ちるため、細胞の生まれ変わりである新陳代謝が活発な部分です。

核酸は、細胞の新陳代謝を活発にして新しい肌を作るため、美肌効果があります

また、新陳代謝が活発になると、古い角質が垢として剥がれ落ちるため、角質の蓄積を防ぎ、シミやソバカスを予防します。

白髪や薄毛予防効果 - 髪の健康を保つ効果

核酸には髪を健康に保つ効果があります。

核酸は、毛根にある毛母細胞の細胞分裂を促進するため、髪を健康に保ち白髪抜け毛薄毛を予防する効果があります。

免疫アップ、アレルギーの抑制効果 - 手術後の感染予防にも

核酸には、免疫物質を増加させる働きがあり、免疫力を高め、手術後の感染予防や回復促進に効果があります。

また、核酸は、ヒスタミンの作用を抑制する働きがあり、花粉症アトピー性皮膚炎の予防にも有効です。

活性酸素を抑制する効果 - がん予防、疲労回復

核酸には抗酸化作用を高め、活性酸素を抑制する効果があります。

核酸は、体内で尿素に分解されることによって抗酸化作用を高め、活性酸素から細胞が傷つくのを防いで、がんを予防する効果があります。

また、疲労も活性酸素によって引き起こされるため、核酸には疲労回復にも有効です。

貧血の予防効果 - 赤血球の合成を助ける働き

核酸は、細胞の分裂を促進させ、骨髄にある幹細胞から赤血球の合成を助けるため、貧血の予防に効果があります。

また、核酸の構成成分であるアデノシンには、末梢血管の拡張作用を持つため、血流を改善し冷え症肩こりの予防や改善も有効です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク