栄養・栄養素オルニチン効果効能
オルニチンornithine

オルニチンの効果や効能について学ぼう!

オルニチンの効果と効能

アミノ酸の一種であるオルニチン。

しじみに多く含まれるオルニチンは「遊離アミノ酸」に分類される成分で、体内で合成することができます。

通常、アミノ酸タンパク質を構成しますが、オルニチンはタンパク質の構成には関わらない特殊なアミノ酸です。肝臓や筋肉に限らず、血液中に溶けみ体内を巡りながら、さまざまな効果を発揮します。

今回は、そんな特殊な働きをもつオルニチンの効果や効能についてご紹介します

肝臓の働きを高める効果 - アンモニアの解毒を促進!

オルニチンには肝臓の機能を高める効果があります。

オルニチンは、肝臓内でアンモニアと結合し、アンモニアを無毒の尿素に分解する「オルニチンサイクル(尿素回路)」を活発にする働きがあります。

オルニチンサイクルが活発になることで、肝臓の負担を軽減し、肝臓の機能を高める効能があります。

疲労回復、二日酔い解消 - エネルギー生成を円滑にする

これもオルニチンの肝機能の向上作用です。疲労回復や二日酔い解消などに効果があります。

アンモニアは疲労物質とも言われ、アンモニアが体内で過剰に発生すると、エネルギー生成が劣るため、疲労を感じやすくなります。

オルニチンが肝機能を高めて、アンモニアやアルコールの分解を促進するため、疲労回復や二日酔いの解消などに効果が期待できます。

腎臓の働きもサポートする!

これもオルニチンのアンモニア解毒作用。腎臓の働きをサポートする効能があります。

腎臓には、アンモニアを尿素に分解した後、尿素を尿にとかして体外に排出する働きがあります。

オルニチンが、肝臓内でアンモニアを尿素に分解するため、腎臓の働きを助け、肝臓の負担を減らす作用があります。

成長ホルモンの分泌を促す効果 - 新陳代謝の促進、ダイエットにも!

オルニチンには成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

オルニチンは、脳下垂体に作用して成長ホルモンの分泌を促がし、新陳代謝を活発にする働きがあります。

新陳代謝が活発になると、細胞の生まれ変わりを促すため、筋肉や骨の形成や体脂肪の代謝促進、美肌などの作用が期待できます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク