フェニルアラニンの効果

フェニルアラニンphenylalanine

フェニルアラニンの効果 - 神経伝達物質にかかわるアミノ酸の働き

フェニルアラニンの効果と効能

アミノ酸の一つである、フェニルアラニン。

フェニルアラニンは、他のアミノ酸同様にタンパク質の合成材料ですが、特徴的なのは神経伝達物質の原料にもなることです。

必須アミノ酸であるフェニルアラニンは、体内で合成できないため食事から摂取する必要があり、肉や魚、乳製品やなどのタンパク質に含まれています。

今回は、必須アミノ酸の一つ、フェニルアラニンの効果や働きについてまとめています。

神経伝達物質の前駆体となる働き

フェニルアラニンは、神経伝達物質の前駆体としての働きがあります。

フェニルアラニンは、肝臓チロシンに変換されます。

そして、フェニルアラニンから合成されたチロシンは「アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン」などの興奮系の神経伝達物質を作ります。

これら神経伝達物質は、脳と神経細胞間の信号を伝達する役割があります。

抗うつ作用 - やる気をアップ!うつ症状の緩和

フェニルアラニンには、うつ症状の緩和に効果があります。

フェニルアラニンは、ドーパミンやノルアドレナリンなどの興奮系の神経伝達物質の前駆体です。

そのため、運動や勉強で興奮や高揚といったやる気を起こさせ、落ち込みや無気力などの気分を緩和させる効果があります。

フェニルアラニンは、うつ病の症状を和らげるとして抗うつ剤としても利用されています。

また、脳を活性化させる働きもあり、記憶力や学習能力、注意力や集中力などをも向上させる効果もあります。

鎮痛作用 - 鎮痛剤としても利用されている

フェニルアラニンには、鎮痛作用があり痛みを抑える効果があります。人工的に作られたDL-フェニルアラニンは、鎮静薬として利用されています。

ケガや手術後など外傷の痛みを止めるだけでなく、関節痛・リウマチ・神経痛・腰痛片頭痛などの痛みを軽減させる効果があります。

また、特徴的なのはフェニルアラニンの鎮痛作用は、アスピリンなどの一般的な鎮痛薬が効かない場合でも、痛みを抑えることができます。

ダイエット向けの甘味料に使用されている

フェニルアラニンは、人工甘味料の原料にもなっています。

人工甘味料であるアステルパームは、フェニルアラニンとアスパラギン酸を原料に作られた甘味料です。

甘みが強いため少量ですむので、砂糖に比べカロリーを抑えることができます。

また、体内でアミノ酸に分解されるのでカロリーになりにくく、ダイエットに向けた低カロリーやノンカロリー食品に利用されています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク