栄養・栄養素ポリフェノール効果効能
ポリフェノールpolyphenol

ポリフェノールの効果とは?植物に含まれる化合物の正体

ポリフェノールの効果と効能

ポリフェノール、一度は耳にしたことがあるフレーズですね。

しかし、ポリフェノールについてイマイチよく分からない!そんな方も多いのではないでしょうか。

今回はポリフェノールの効果と、そもそもポリフェノールとは何かについてご紹介します。あなたのモヤモヤ、解消しますよ。

そもそもポリフェノールとは何か?

そもそもポリフェノールって何でしょうか?

ポリフェノールとは、植物に含まれている色素、アク、渋み、苦味の成分となる化合物の総称のことです。

ポリフェノールは約4,000~5,000種類もあるとされ、ほとんどの植物の茎や葉に含まれています。

ポリフェノールとは、植物に含まれている化合物の総称だったんですね。それにしてもこんなに種類があるとは驚きです。

続いては、ポリフェノールの主な効果と代表的なポリフェノールをいくつかご紹介していきます。

抗酸化作用がある - 全てのポリフェノール

4,000~5,000種類もあるとされているポリフェノールですが、全てのポリフェノールに共通する効果、効能があります。

それは抗酸化作用です。抗酸化作用とは、有害な活性酸素によるカラダのサビつきを防ぐ作用のことです。

具体的には、老化防止、免疫力を高める、がん予防などの効果があります。

目の働きを高める効果 - アントシアニン

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、目の働きを高める効果があります。

ブルーベリーぶどうプルーンなどに含まれているポリフェノールですね。

ブルーベリーやぶどうの青い色素はアントシアニンによるものです。

骨粗しょう症、更年期障害を予防する効果 - イソフラボン

こちらはポリフェノールの一種であるイソフラボンの効果。

イソフラボンには、骨粗鬆症更年期障害を予防する効果があります。

大豆や納豆豆腐湯葉などの大豆製品に含まれます。

コレステロールや血圧を下げる効果 - セサミン

こちらも聞いたことのあるポリフェノールですね。

セサミンは主にごまに含まれ、コレステロールや血圧を下げる効果があります。

下痢の緩和や殺菌効果 - タンニン

こちらはポリフェノールの一種であるタンニンの働き。

タンニンには、便をかたくするなど下痢の緩和や菌を殺す効果があります。

緑茶、ワイン、ほうじ茶コーヒー紅茶などに含まれます。

肝臓の機能を高める効果- クルクミン

こちらはポリフェノールの一種であるクルクミンの効果。

近年、注目されているポリフェノールですね。

クルクミンは黄色の色素で、胆汁の分泌を促して、肝臓の機能を高める働きがあります。

生姜ウコンなどに多く含まれています。

まとめ

以上がポリフェノールの効果と、代表的なポリフェノールの紹介でした。

ポリフェノールは他にも、ルチン、ルテオリン、カカオマスポリフェノール、アピイン、クロロゲン酸、ケルセチン、ショウガオール、クリシン、ナスニン、ナリンゲニン、クリシン、ヘスぺリジン、フェルラ酸、テフラビン、ダイゼインなど数多くあります。

全てのポリフェノールには共通しているのは抗酸化作用があり、それぞれのポリフェノールには独自の効果や効能があるという点だけは押さえておいて下さい。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク