栄養・栄養素タンパク質効果効能
タンパク質protein

タンパク質の働きと効果について

タンパク質の効果と効能

タンパク質と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか?

「タンパク質?筋肉になるんでしょ」、「プロテインのこと?」「なんか太りそう…」など漠然としたイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、五大栄養素の筆頭格であるタンパク質。なめてはいけません。

ギリシャ語で「最も大切なもの」という語源からくるように、タンパク質には私たちの想像を上回る重要な働きが数多くあったのです。

筋肉や臓器、皮膚、爪、髪などカラダそのものになる

タンパク質はアミノ酸で構成されており、カラダを作る主成分となります。

よく、タンパク質=筋肉と理解されている方も多いですが、実際には筋肉のほかに臓器、皮膚、爪、髪など、カラダのあらゆる組織を作る成分となっています。

したがって、タンパク質が不足すると臓器や皮膚、爪、髪などカラダのあらゆるところに異常が現れはじめます。

皮膚や爪、髪の毛などが正常に保たれているのもタンパク質のおかげなのです。

免疫力の根源 免疫グロブリン(抗体)の原料になる

タンパク質は免疫グロブリンの原料にもなります。これはあまり知られていないタンパク質の働きですね。

免疫グロブリンとは別名、抗体のことで、カラダに侵入してきた細菌やウイルスを排除する働きをします。

免疫グロブリン(抗体)の働きのおかげで、私たちは一度感染した感染症や伝染病などに二度とかからない免疫力をつけることができるのです。

したがって、タンパク質が不足すると免疫力が低下し、感染症などの病気にかかりやすいカラダになります。

生物が生きるのに欠かせない酵素の原料になる

タンパク質は酵素の原料となります。

酵素とは物質を消化、吸収、輸送、代謝、排泄に至るあらゆる課程に関与して、触媒として機能してくれる物質です。

そのため、酵素は生物が生きていくために欠かせない物質と言えます。

酸素を運搬 - ヘモグロビンの原料になる

タンパク質はヘモグロビンの原料にもなります。

ヘモグロビンとは赤血球の中にある色素とタンパク質からなる複合タンパク質です。ヘモグロビンは血中で酸素を運搬するという重要な働きをします。

ちなみに、ヘモグロビンが不足するとカラダは酸素不足となり、血液の循環を速くするため、動悸やカラダのだるさ、疲れやすいといった症状が現れます。

タンパク質の過剰摂取には注意!

カラダの主成分を構成するタンパク質ですが、過剰摂取には注意が必要です。

タンパク質は過剰摂取すると尿として排泄されるため、腎臓に負担がかかります。

また、タンパク質を摂りすぎるとカルシウムの排泄を促すため、カルシウムが不足しがちになります。

骨が弱くなったり、骨粗鬆症になるリスクも高まりますので注意しましょう。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク