栄養・栄養素セサミン効果効能
セサミンsesamin

セサミンの効果 - ゴマ特有のポリフェノールの働きに注目!

セサミンの効果と効能

セサミンは、ごまに含まれる栄養素でポリフェノールの一種に分類されます。

CMや広告などの宣伝効果もあり「ごまの有効成分=セサミン」と、思い浮かぶ方も多いかと思います。

近年では「若さ・健康・美容」と、多くのセサミンのサプリメントが出回っています。

今回はそんなセサミンに、どのような効果や効能があるのかをご紹介します。

強い抗酸化作用 - がんや老化予防に効果

セサミンには強い抗酸化作用があります。

セサミンは、ごまに含まれるゴマリグナンというリグナン類の一種で、ポリフェノールに分類される栄養素です。

セサミンには、強い抗酸化作用があり活性酸素の働きを抑え、過酸化脂質の増殖を抑制する効果があります。

過酸化脂質の増殖を抑えることで、細胞の老化を防ぎ、がん予防やアンチエイジング効果高血圧などに有効です。

肝機能の向上効果 - 二日酔い予防、肝臓がん予防

セサミンは、や腸で分解されず、直接肝臓に働きかけるため、肝臓の機能を高める効果があります。

肝機能が高まると、アルコール代謝に関わる酵素が活性化し、アルコールによって体内で発生したアセトアルデヒドが持つ急性毒性を、軽減する効果があります

セサミンは、アルコールの分解を促進するため、悪酔いや二日酔いの予防、さらに肝臓の負担を助けるため肝臓がんの予防にも効果があります。

肝機能の向上効果 - 二日酔い予防、肝臓がん予防

セサミンには血中のコレステロールを下げる効果があります。

セサミンは、コレステロールの酸化を防ぎ、悪玉(LDL)コレステロールを減らして、善玉(HDL)コレステロールを増やす働きがあります。

そのため、セサミンは血管内をきれいに保ち血管の柔軟性を保つため、動脈硬化の予防に効果があります。

女性ホルモンと似た働きをする - 更年期障害の予防、改善、緩和

セサミンには、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きがあり、更年期障害の予防や改善・緩和などに効果があります。

女性ホルモンと似た働きをもつ成分は、大豆に含まれるイソフラボンが有名ですが、セサミンも減少した女性ホルモンを補う有効な成分です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク