トリプトファンtryptophan

トリプトファンの効果 - 神経伝達物質を作る必須アミノ酸の働き

トリプトファンの効果と効能

アミノ酸の一種であるトリプトファン。

体内で合成することができないトリプトファンは、必須アミノ酸に分類される栄養素です。

トリプトファンは、牛乳から発見された成分で、主に乳製品やナッツ類のチーズアーモンド、他はレバーなどに多く含まれています。

今回は、トリプトファンの効果や効能、働きについて説明します。

寝つきをよくする安眠効果 - 不眠症・時差ボケの解消

トリプトファンには、寝つきをよくする安眠効果があります。

トリプトファンは「天然の睡眠薬」と呼ばれるほど睡眠に大きく関わる栄養で、安眠や時差ボケ・不眠症の解消に効果があります。

トリプトファンは、神経伝達物質の「セロトニン」を合成し、さらにセロトニンは眠りのホルモンと言われる「メラトニン」を作り出します。

セロトニンには、脳や神経の働きを安定させ、脳をリラックスさせる働きがあります。

そして、メラトニンの働きには体温などを下げ、眠りに入りやすいようにする作用があります。

うつ病の改善効果 - 精神を安定させる作用

トリプトファンが不足すると、セロトニンも不足するため、うつ病や不安感・不眠症を引き起こすと言われます。

セロトニンは、精神を安定する効果、気持ちを落ち着かせて穏やかにする働きがあります。

また、トリプトファンは、気分を高めてやる気を出させるドーパミンやノルアドレナリンも作ります。

そのため、これら上記の効果により、トリプトファンにはうつ病を解消する働きがあります。

アンチエイジング効果 - 「若返りの薬」メラトニンを作りだす

トリプトファンが作るメラトニンは「若返りの薬」とも呼ばれます。

メラトニンには、抗酸化作用があるため、老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

そのため、トリプトファンには、アンチエイジング効果だけでなく生活習慣病の予防にも効果的です。

月経前症候群「PMS」の改善効果 - 鎮痛作用

トリプトファンは、月経前症候群や更年期障害の緩和や改善に効果があります。

トリプトファンには鎮痛・精神安定作用があるため、月経前の独特な過食やイライラを沈めるのに効果的です。

まだあるトリプトファンの効果

トリプトファンの効果は、上記以外にもまだまだあります。

トリプトファンには、集中力や記憶力を高める効果が認められています。

また、コレステロール値や血圧を安定させる効果、免疫力を高める働きもあります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク