栄養・栄養素ビタミンB1効果効能
ビタミンB1vitamin-b1

これだけは押さえておきたいビタミンB1の効果と効能

ビタミンB1の効果と効能

豚肉などに多く含まれているビタミンB1。

「なんとなく名前は聞いたことあるけれど、具体的な効果は分からない!」そんな方も多いのではないでしょうか?

今回のテーマはビタミンB1。実は、米を主食とする日本人にとって、ビタミンB1は不足しがちな栄養素なのです。

炭水化物(糖質)をエネルギーに変える効果

ビタミンB1には炭水化物(糖質)をエネルギーに変える効果があります。

炭水化物(糖質)がエネルギーに変わるためには酵素の働きが必要となりますが、ビタミンB1にはこの酵素の働きを促す(補酵素)の効果があります。

ビタミンB1が不足すると炭水化物(糖質)をエネルギーに変える働きが鈍くなり、疲労や倦怠感などの原因になります。

脳や神経の機能を維持する効果

ビタミンB1には脳や神経の機能を維持する効果があります。

ビタミンB1は脳や神経にエネルギーがきちんと供給するように働き、脳や神経の機能を維持する役割を担います。

ビタミンB1が不足すると、手足のしびれ、膝蓋腱反射の消失、脚気など神経機能に異常が現れます。

ビタミンB1が不足すると夏バテの原因にも

夏バテの原因の一つが甘いジュースやアイス、果物などで糖質をたくさん摂る一方、通常の食事がおろそかになる点です。

ビタミンB1は前述したとおり、炭水化物(糖質)をエネルギーに変える働きがあるため、夏バテにも効果的です。

ビタミンB1は水溶性ですので、調理時の煮汁に成分が溶け出します。スープや炒め物など汁を含む食事を摂るように心がけましょう。

また、にんにくに含まれているアリシンはビタミンB1の吸収を高める効果があります。

にんにくと豚肉などを同時に摂ると、ビタミンB1の吸収率が高くなり、夏バテ対策にも、より効果的です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク