栄養・栄養素ビタミンK効果効能
ビタミンKvitamin-k

あまり知られていない?ビタミンKの効果と基礎知識

ビタミンKの効果と効能

今回のテーはビタミンK。

数あるビタミンのなかでも、少しマイナーな存在ですね。なかには、「ビタミンKの名前なんて聞いたことがない!」という方、いるかもしれません。

実は、ビタミンKは私たちの体の中で、とても素晴らしい働きをしてくれる栄養素なのです。

今回はそんなビタミンKの効果についてご紹介します。

ビタミンKとは?

ビタミンKは脂溶性ビタミンの一種です。

ビタミンKは大きく分けると、植物性食品に含まれるK1と、体内の腸内細菌によって合成されるK2の2種類とがあります。

ビタミンKは、発酵食品納豆チーズに多く含まれ、緑黄色野菜や海草にも含まれています。

止血のビタミン!- 正常な血液凝固作用、止血効果

ビタミンKには、正常な血液凝固を促す効果があります。

血液凝固作用といっても、血液をドロドロにするわけでく、怪我などで出血をした時に、血液をゼラチン状に固める止血のことです。

正常な止血をするには、血液凝固作用のあるタンパク質(凝固因子)が必要になります。ビタミンKは、肝臓でこのタンパク質(凝固因子)を作る際の補酵素として働きます。

このため、ビタミンKは「止血のビタミン」とも言われます。

丈夫な骨を作る!- 骨の形成促進効果、骨粗鬆症予防、骨吸収の抑制

ビタミンKは骨の形成を促す効果があります。

ビタミンKは、カルシウムが骨に沈着するのに必要なタンパク質を、活性化する効果があるので、丈夫で健康な骨作りには欠かせない栄養素です。

また、ビタミンKは骨吸収を抑制する効果もあるので、骨粗鬆症の予防にもなります。

ビタミンKは、骨粗鬆症の治療薬にも用いられています。

ビタミンKは女性の強い味方!出産、更年期に至るまで

ビタミンKは、特に女性に必要な栄養素の一つです。

ビタミンKは止血効果があるので、出産時にはとても重要な栄養素です。

また、閉経後は女性ホルモンの低下が原因で、カルシウムの摂取量が十分でも骨量が減ります。そのため、ビタミンKの骨にカルシウムを取り込む効果が重要になります。

このようにビタミンKは、女性にとって若いときから、出産、更年期に至るまで大切な栄養素です。

ワーファリンを服用中の方はビタミンKの摂取に要注意

ワーファリン(ワルファリン)を服用中の方はビタミンKの摂取量を制限されることがあります。

ワーファリンは血液を固まりにくくするお薬で、血栓症や心筋梗塞などの治療に用いられます。

ビタミンKは前述したとおり、血液を固める効果があるので、ワーファリンの効力を弱めると言われています。

ワーファリンを服用の方は、ビタミンKの摂取を控えたほうがよさそうですね。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク