亜鉛を多く含む食品

栄養・栄養素亜鉛効果効能
亜鉛zinc

亜鉛を多く含む主な食品

(100g中、単位:mg)

※日常的に食べる食品を抜粋。日本食品標準成分表2010より作成

魚、肉、大豆などタンパク質を含む食品に含まれる傾向

亜鉛は魚、肉、大豆などタンパク質を多く含む食品に含まれる傾向があります。

魚介類

魚介類の中でも牡蠣の含有量が多いのが特徴です。

次いで、意外なのがからすみ。からすみはボラなどの卵巣を塩漬けして乾燥させた食品で、多くの亜鉛を含みます。

他にもタラバガニやズワイガニ、毛ガニなどのカニ類あさりやあわび、はまぐりなどの貝類、うなぎなどの食品にも亜鉛は含まれています。

肉類

牛肉豚肉鶏肉ともに亜鉛を含む食品ですが、特に牛肉豚肉に多く含まれる傾向にあります。

また、脂身よりも赤身肉に多く含まれる傾向にあり、レバーにも多くの亜鉛を含んでいます。

大豆類

亜鉛は大豆系の食品にも含まれます。

魚介類や肉類に比べれば含有量は劣りますが、きなこ油揚げ納豆湯葉などにも亜鉛がしっかりと含まれます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク