亜鉛とは?亜鉛の意味と概要について

栄養・栄養素亜鉛亜鉛とは
亜鉛zinc

亜鉛の概要

【名称】 亜鉛 【英名】 zinc
【分類1】 ミネラル 【分類2】 微量ミネラル
【主な効果・効能】 味覚を正常に保つ効果、生殖機能や性欲を正常に保つなど

亜鉛とは?

亜鉛は、ミネラル(微量ミネラル)に分類される栄養素です。

亜鉛

亜鉛とは、必須ミネラルの一種である微量元素です。

亜鉛は体内に大人で約2gほど存在し、骨格筋や骨、皮膚、肝臓などにあり、多くがタンパク質と結合ています。100種類以上の酵素の活性に関わり、酵素の構造を形成したり、維持したりする働きをします。

また、DNAやタンパク質の合成、免疫力の強化、血糖値を下げるインスリンの合成にも関わり、肌を良い状態に保つのにも必要な栄養素です。また、特に大人の場合、亜鉛の摂取によって性機能の向上が見込まれます。

亜鉛が不足すると、子供の場合は成長障害、大人の場合は鉄欠乏性貧血、皮膚炎や脱毛症、味覚障害、生殖機能の低下等を引き起こします。

加工食品や精製された穀類等は含有量が少くなく、また添加物によっては亜鉛の吸収を妨げる場合があります。これらの食品を頻繁にとる場合には不足しがちになります。また、年齢を重ねるに連れて吸収率がさらに低下し、ベジタリアンの場合も不足しがちな傾向にあります。

亜鉛を豊富に含む食品として優れているのは、牡蠣レバー牛肉などです。亜鉛は、水溶性のため煮るなどの調理で流れ出てしまうので、調理に工夫をするのが良いでしょう。また、アルコールの摂取は亜鉛の排出を高めます。

亜鉛は、熱にも弱く加熱時間は短くし、さらにビタミンAやたんぱく質を含む食材と一緒に摂取することで吸収が促進されます。

亜鉛の一日の摂取基準量は、成人男性:12mg・成人女性:9mgとなります。亜鉛は、通常の食生活では過剰症は見られません。ただ必須ミネラルの一種ではありますが、毒性が強いため急性中毒を引き起こす場合があります。サプリメント等の摂取には用法をしっかりと守りましょう。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク