アロマテラピーとは?アロマテラピーの意味と概要について

健康習慣アロマテラピーアロマテラピーとは
アロマテラピーaromatherapy

アロマテラピーの概要

名称 アロマテラピー 英名 aromatherapy
分類1 健康法・習慣 分類2

癒し・リフレッシュ、疲労回復、美容・美肌

主な効果・効能 リラックス効果、ストレス解消、安眠効果など

アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは、「芳香療法」とも呼ばれ、植物の香り(精油)を用いて、心身の不調を癒し健康維持に役立てるための療法のことをいいます。

アロマテラピー

アロマテラピーは、近年のはやりの療法と思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、実は日本でも昔から行われてきた療法です。例えば「ゆず湯」などがそうです。

アロマテラピーという言葉は、フランス人の科学者ルネ=モーリス・ガットフォセによって作られました。1910年に患者に施したラベンダーオイルの塗布が驚くほど傷を早く綺麗に治した経験から、この療法が広まるだろうと予言した人でもありました。

アロマテラピーの施術を行う時は、植物から抽出した「精油(エッセンシャルオイル)」をキャリアオイルと呼ばれる植物油で希釈してマッサージを行います。この時に香りが拡散し、その吸入などで心身のバランスがよくなり、リラックスやリフレッシュなどの効果が得られます。

また、アロマオイルの効果を求めても嫌いな香りを使うことは、かえってストレスになりますので、自分好みのオイルを選択するのが良いでしょう。オイルは皮膚からも吸収しますので、施術中に違和感がある場合はその場で直ぐに伝えるようにしましょう。

アロマテラピーの精油の種類は200近くにもなります。これらは、抽出方法によっても割合が変わり香りにも違いが出てくるのが面白いところです。そしてそれぞれの種類の精油が私たちの不調の緩和に役立つのです。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク