アーユルヴェーダの効果

アーユルヴェーダayurveda

アーユルヴェーダで得られる効果 - インドの伝統医学とは?

アーユルヴェーダの効果

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダは、サンスクリット語の「アーユス:Ayuh(生命・寿命)」、「ヴェーダ:Veda(科学・知識)」を合わせた言葉からなります。

アーユルヴェーダはインドで五千年もの歴史がある世界最古の伝統医学で、病気を治療するというよりも、健康を維持する目的の予防医学です。

そして、アーユルヴェーダはWHO(世界保健機関)に中医学とともに、予防医学として認定されています。

日本で有名なのがゴマ油を利用したマッサージや白湯ですが、アーユルヴェーダと一口に言っても多くの手法があるため、得られる効果も様々となります。

今回は、そんなアーユルヴェーダの最も代表的な効果をご紹介します。

アーユルヴェーダってどんなもの?

アーユルヴェーダでは、自分がどのような体質か判断して、その体質に合わせた療法を用います。そのため、効果は幅広く、人それぞれとなります。

自然のエネルギーからカラダは作られ、3つの体質(ドーシャ)に分かれると考えられており、「ヴァータ(VITA)」 「ピッタ(PIITA)」「カパ(KAPHA)」と呼ばれる、3つのエネルギーのバランスが崩れることで、病気を引き起こすとされています。

そのため、この3つのドーシャを整えることが大切としています。

アーユルヴェーダで有名なのが、ヨガです。その他にも、呼吸法や瞑想、食事療法やハーブも、アーユルヴェーダから生まれたと言われています。

それぞれの体質(ドーシャ)が過剰になると?

ヴァータ、ピッタ、カパの3つのドーシャは、生活環境や加齢によって変化するとされており、体調を崩したり病気になるのは 一つのドーシャが過剰になってバランスを崩すからと考えられています。

また、ドーシャは1つだけでなく、2つや3つ組み合わさっていることがほとんどで、誰もが3つのドーシャを持ち、この3つバランスが整っているのが理想です。

①「ヴァータが過剰になると?」女性特有の不調は、ヴァータの乱れが大半とされています。ヴァータが過剰になると、便秘生理不順不眠、冷えが原因となる肩こり頭痛などを引き起こします。集中力の欠如やイライラや不安感なども現れると考えられています。ヴァータは風のエネルギーとして、風と空の要素で構成され体液の運搬や排泄、呼吸を担っています。

②「ピッタが過剰になると?」熱さに弱いのが特徴です。消化不良や胸焼け下痢など胃腸にトラブルが起きやすく、口臭や体臭がキツクなるなどの症状も現れます。また、興奮したり怒りっぽくなり、ちょっとしたことでもイライラしがちになります。ピッタは火のエネルギーで、火と水から構成され、消化や代謝を担っています。

③「カパが過剰になると?」カパが過剰になると、太りやすく、むくみやだるさなどが現れ、気管支疾患全般の症状が現れやすくなります。湿気に弱く、冷えや寝すぎが原因と考えられています。カパは水のエネルギーで、水と地の要素から作られ骨や筋肉などに関わります。

リラックス効果が得られストレス解消にも有効 - 集中力のアップも

アーユルヴェーダの施術は様々ですが、とくにオイルを利用したマッサージは、心身をリラックスさせる効果があります。

硬く張った筋肉をマッサージでほぐすことで血流も良くなり、さらにオイルの香りの作用も加わって、リラックス効果が高まります。

そしてゆったりとした時間の中で行うマッサージ、瞑想やハーブティーの香りは、日々の疲れを癒して心身をリラックスさせてくれるため、ストレスの解消にもつながります。

また、気分もスッキリとすることで集中力が高まり、その他、不眠やうつの解消にも有効です。

女性の悩みを解決 - 冷え性、むくみ、便秘の改善

アーユルヴェーダでは、冷え性を改善しむくみや便秘を解消することができます。

カラダや頭皮のマッサージでは外側からの刺激で、白湯やハーブは内臓からカラダを温め、全身の血流やリンパの流れを良くしてくれます。

また、ヨガでは捻じる運動や深い呼吸など日常生活では行わない動作やカラダの部分を使うため、全身の血流を促すことができます。

また、血流が良くなることで内臓の機能が高まり、さらにカラダを捻じることで腸の働きが活性化されるため、スムーズな排便を促してくれます。

また、むくみの解消や刺激でカラダや顔のたるみを防いだり、改善する効果も期待できます。

デトックスやダイエット効果にも期待! - 肌荒れの改善にも

アーユルヴェーダには、デトックス効果ダイエット肌荒れの改善にも効果があります。

血液やリンパの流れが良くなると、利尿作用が高まるうえに便通も良くなるため、老廃物が排出されデトックス効果が得られます。

そして、老廃物を排出することで、ニキビや吹き出物の解消や予防ができるため、肌荒れを防ぐ効果も期待できます。

また、むくみや便秘の解消に加え、マッサージやヨガで凝り固まった筋肉をほぐして新陳代謝をアップすることで、痩せやすい体質にすることもできます。

多くの現代人が抱える疲労の回復にも効果あり!

アーユルヴェーダの上記の効果は、疲労の回復や、風邪や病気の予防にもつながります。

内臓の働きが良くなると消化機能が高まるとともに、栄養の吸収も向上します。そして、カラダの毒素を排出することで、新陳代謝も上げることができます。

心身ともに疲労が蓄積すると、免疫力も低下して風邪や病気を引き起こしやすくなります。

また、アーユルヴェーダには食事療法もあり、その体質に合った食事やバランスを改善するための食事をすることで体調を整えることができます。

数えきれないほのアーユルヴェーダの効果

アーユルヴェーダの効果は、上記以外にも数多くあります。

ヘッドマッサージによる白髪抜け毛フケの予防など頭部の悩みの解消。生理不順や生理痛など婦人科系の解消や、冷えからくる肩こりや腰痛、頭痛の改善。

夏バテ二日酔い、眼精疲労の解消、アンチエイジングなど多くの効果が期待されています。

アーユルヴェーダを日常生活に取り入れるには、白湯がおすすめ!

アーユルヴェーダを日常生活に取り入れるには、まずは白湯がもっともお手軽で続けやすいかと思います。

上記でも説明しましたが、温かい白湯は内臓からカラダを温め、消化機能を高めてくれます。胃腸の働きが向上するため、消化不良を防ぐとともに便秘の解消に役立ちます。

体温より少し熱めの温度(40~50℃)の白湯800mlを、一日朝昼晩に分けて時間をかけゆっくり飲むのが理想的です。

体質によって白湯の温度に差がありますが、あまり熱いとが驚いてしてしまうので、まずは、ゆっくりと飲める温度をから始めるのもいいかと思います。

関連記事:あなどれない!白湯のもたらす健康効果7選

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク