岩盤浴とは?岩盤浴の意味と概要について

健康習慣岩盤浴岩盤浴とは
岩盤浴bedrock-bath

岩盤浴の概要

名称 岩盤浴 英名 bedrock-bath
分類1 健康法・習慣 分類2

癒し・リフレッシュ、体質改善、美容・美肌

主な効果・効能 デトックス効果、新陳代謝を促す効果、むくみの解消など

岩盤浴とは?

岩盤浴とは、岩盤や天然石を人が横になれるように加工したもので、サウナ同様に汗をかく目的で温めて使われます。

岩盤浴

「お湯を使っていないお風呂」とも称され、遠赤外線を持つためカラダの芯まで温める上にデトックスでも期待されている方法です。この岩盤浴を自然の状態で体験できる秋田県・玉川温泉が有名です。

岩盤浴に利用されている石にもさまざまな種類があります。「薬の石」として中国で昔から使われてきた「花崗斑岩」は、見た目から麦飯石とも呼ばれています。カラダに必要なミネラルを含み、遠赤外線が出るため汗を出します。

そして、幻の鉱石「ブラックシリカ」は遠赤外線・マイナスイオン・ミネラルを出す性質があるため、体液や血液の巡りを促すことに一役買います。非常に貴重な鉱石といわれている「北投石」は、ラジウムを含みわずかに放射線が出ているといわれ天然記念物として扱われるものです。

また、他の鉱石とは違って遠赤外線を放つ率が高い「貴宝石」はミネラルも多いのが魅力といえます。このように多くの種類があります。

入り方としては、汗をかくため岩盤浴前にあらかじめ水分補給をするのがポイントです。そして薄い着衣を身に付けて岩盤の上にタオルかシーツを敷きます。まず5分程お腹を温めることに意識してうつ伏せで、その後仰向けのスタイルで10分横になります。

その後、休むことのできる場所で5分、カラダを休めてから再び岩盤浴となります。終了後は、拭き取らない方が美肌には良いといわれますが、やはり気持ち悪いという場合はシャワーを浴びてもよいでしょう。入り方は無理をせず体調が良くない場合は控えましょう。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク