ボルダリングの効果

ボルダリングbouldering

ボルダリングの5つの効果をチェック - ハマる女性が急増!?

ボルダリングの効果

2020年のオリンピック競技に選ばれた、ボルダリング。

そのこともあり、最近はクライミング全体に人気が上昇しています。また、気になっていても難しそうなイメージがあるため、敬遠している方もいるかもしれません。

ボルダリングは、一見ハードなスポーツのように思えますが、意外にもお子さんや、運動が苦手な女性でも登ることができます。

また、ボルダリングは女性におすすめのスポーツにもされています。筋肉がついてムキムキになりそうと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

ボルダリングを続けることで、全身がバランスよく鍛えられ、引き締まったカラダを維持することができます。

今回は、ボルダリングにどのような効果があるのかを、ご紹介していきます。

全身を鍛えられる - 特に背中、下半身、お腹が効果的

ボルダリングは、全身を鍛える効果のある運動です。

全身の筋肉の中でも、特に指や下半身、背中やお腹の筋肉が鍛えられます。

ボルダリングは、手や腕の力ばかり使うイメージがありますが、実は全身の筋肉を使う全身運動です。その中でも、特に使うのが指や足です。

人工壁に取り付けられたホールド(人工石)に指や足をかけ、腕はカラダを支えるために使います。ホールドからホールドへ移るときは、腕の力よりも指や足の筋肉を使って移動します。

また、離れたホールドに手をひっかけるときには、腕を大きく動かしたり伸ばすため、肩や肩甲骨、背中の筋肉を使います。

そして、ボルダリングは、不安定な場所をバランスを取りながら移動するため、自然と体幹やバランス感覚も鍛えられます。

ボルダリングはハシゴを上るイメージで、腕の力でカラダを支え、足でカラダを押し上げて登るのが良いそうです。そして、腕に負担をかけないようにして、足の裏全体ではなく、つま先をホールドにかけるようにするがコツだそうです。

ヒップアップやバストアップ効果 - お腹と背中の贅肉落としにも!

ボルダリングでは、ヒップやバストアップにも効果があります。これは、ボルダリングが、下半身や背中の筋肉を鍛えるためです。

ボルダリングは足の力で登るとともに、脚を大きく開く動きもします。そのため、お尻や足の筋肉など下半身全体の筋肉をしっかりと使うため、ヒップアップ効果や下半身痩せに効果的です。

また、肩甲骨や背中の筋肉を鍛えることは、胸を支える大胸筋も鍛えることにつながるため、バストアップ効果があります。

これらの他にも、ボルダリングは自然とお腹に力が入るため、お腹の筋肉も鍛えられます。その結果、お腹と背中の贅肉落としや、背筋が伸びて猫背の改善にも有効です。

ボルダリングでは、贅肉が付くとカラダがだらしなく見える、お尻やお腹、背中のお肉を落として、引き締まったきれいなボディラインを作ることができます。

基礎代謝をアップ! - 太りにくく痩せやすいカラダにする効果も

ボルダリングには、基礎代謝をアップする効果もあります。

ボルダリングは、全身を鍛える無酸素運動です。とくにカラダの大きい筋肉を使い、鍛えることができます。その結果、運動中の消費エネルギーが高くなるとともに、基礎代謝をアップすることができます。

基礎代謝が上がることで、日常生活や睡眠中での消費エネルギーも高くなるため、太りにくく痩せやすいカラダにすることができます。

また、ボルダリングは肩甲骨をよく動かし、その周辺にある褐色脂肪細胞を刺激して、活性化させるとも言われています。褐色脂肪細胞は、脂肪を燃焼させる働きがありますが、日常生活ではなかなか活性化することが難しい部分です。

ボルダリングでは、この褐色脂肪細胞を活性化する動きができるため、より痩せやすい体質にすることが期待できます。

カラダの柔軟性を高める効果 - むくみの改善や予防にも有効

ボルダリングには、カラダの柔軟性を高める効果があります。

ボルダリングは、脚の開脚や腕を遠くに伸ばしたり、捻る動きなどをするため、カラダの柔軟性を高める効果があります。

このような動きは、日常生活ではほとんどすることがありません。そのため、ボルダリングを続けるうちに徐々にカラダが柔らかくなり、股関節や肩の可動域が広がります。

また、筋肉の柔軟性に加え下半身の筋肉を使うことで、リンパや血液の流れが良くなり、むくみの改善や予防にもつながります。

集中力のアップ - 判断力や決断力を鍛えるのにも効果的

ボルダリングは、集中力を高める効果にも優れたスポーツです。

ボルダリングは難易度が様々あり、目印のシールや同じホールドの色など、設定されたコースを追いながら登っていきます。

自身の筋力や体力、腕や足が届く距離、指や足をかけやすい場所かなど、自身が持つ能力と頂上までの最適なルートを考え、流れをイメージしてから始めます。

イメージと実際行うのとでは違いも出てくるため、土壇場での判断力も必要となります。

このように、ボルダリングでは始める前からゴールをするまで、カラダを動かしながら頭も同時に使うスポーツです。そのため、達成感が得られるとともにストレスの発散にも効果があります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク