健康習慣水風呂効果
水風呂cold-bath

水風呂の効果とは? 知られざる水風呂の健康効果について

水風呂の効果

水風呂は、上手に入ることで健康によい効果が得られます。

しかし、一般的に水風呂は、サウナや温泉などで熱くなったカラダを冷ますためのものと思っている人が多いのではないでしょうか?

せっかくよい健康効果のある水風呂なのですから、正しい入り方をマスターしてきちんと効果を活かしましょう。

カラダに抵抗力を付ける効果 - 内臓や細胞が活発に働く

暖かいお風呂と水風呂に、交互に入ると温度変化によって血管が広がったり縮まったりします。

動脈硬化など健康状態の確認は必要ですが、健康な血管であれば、広がったり縮まったりを繰り返すことによって、柔軟性を増し変化に強くなります。

また、人間のカラダは、無意識のうちに温度変化に耐えて生命を維持しようとするため、カラダの抵抗力が増します。

自分のカラダを守ろうと抵抗力が高まることは、風邪などの病気を防ぎ、花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患の発症を抑える効果も期待されます。

自律神経を鍛える効果 - カラダに冷熱の刺激を交互に与える

サウナや熱いお風呂でカラダを温め、その後、水風呂に入る。

これを何度も繰り返すと、交感神経副交感神経が交互に優位に立つため、バランスを取り合い自律神経が強化されます。

日頃の生活では交感神経が優位に立つことが多いため、副交感神経を刺激する必要があります。

きちんとしたスイッチの切り替えには、熱い冷たいの刺激を交互にあたえる事です。

ただし、熱すぎる冷たすぎるという状態を長く続けると、いずれも交感神経ばかりを刺激することになります。

気持ちよく感じられ、リラックスしている状態は副交感神経が刺激されている状態です。そのため、どちらか一方の温度を加減することが大切です。

また、サウナと水風呂の間に休憩をはさむと、副交感神経を効果的に働かせることができます。

肌への刺激でアンチエイジング効果も!- 新陳代謝がアップ

自律神経の働きが整うと、新陳代謝もアップします。

そうなると、体内に溜まった老廃物の排出も促進されます。

また、肌が水風呂で刺激を受けると、汗腺が閉じ、キュッと引き締まります。

冷やした後に暖めると、末端の毛細血管にも血が巡りやすくなるため、冷え性の解消にもつながります。

血行が促進されると、末端まで酸素が行き渡り、細胞の生まれ変わりのタイミングが正常化します。

肌表面でも細胞の生まれ変わりのタイミングが整うため、しわやたるみができにくく、ツヤやハリのある肌になります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク