体幹トレーニングcore-training

体幹トレーニングの効果 - カラダの深層部を鍛えるトレーニング

体幹トレーニングの効果


体幹トレーニングは普通の筋トレとは異なり、カラダの中心部の筋肉を鍛えます。その中心部とは「腸腰筋」「横隔膜」「多裂筋」などといった部分です。

普段あまり意識することのない個所ですが、これらの筋肉を鍛えることによって多くの効果を得ることができます。

今回は体幹トレーニングについてご紹介しましょう。

インナーマッスルを鍛えて引き締まったカラダに - 姿勢が良くなる効果も!

体幹トレーニングを行うと、カラダの中核を支える筋肉が鍛えられ、引き締まったカラダを作り上げることができます。

カラダの内部にある筋肉が衰えると、内臓の位置が下がってしまい、お腹がぽっこりと出てしまいます。

同時に、直立の姿勢を保つことにも負担を感じ、骨盤が歪んだり、猫背になったりと見た目の悪さにつながりがちです。

そのため、体幹トレーニングには姿勢を正しくする効果もあります。

良い姿勢を保つ筋肉を鍛える - 腰痛や肩こりの改善に効果

体幹トレーニングを行うことは、腰痛肩こりの治療にも効果があります。

腰や肩が痛くなる原因には、姿勢の悪さも要因のひとつになります。

背中や肩の筋肉が弱っていると、支える筋力が低下しているため、正しい姿を保とうとしても困難になるのです。

そこで、体幹トレーニングによって、姿勢を維持するのに必要な筋肉を鍛えれば、自然と腰や肩に負担が少ない姿勢を保てるようになります。

姿勢を矯正することで、腰痛や肩こりの症状が改善していくと考えられます。

筋トレの成果を出やすいカラダを作る効果 - 効率よく鍛えられる

体幹トレーニングには筋トレの成果を出しやすいカラダを作る効果があります。

通常の筋トレは、腹筋や大胸筋といった体の表層部の筋肉を鍛えますが、体幹トレーニングと筋トレを並行して行うこと、その成果や効果が出やすくなります 。

なぜなら、体幹を鍛えると体のバランスがよくなり、軸がブレなくなるからです

筋トレを行う際も、正しい姿勢をキープしたまま体に負荷をかけることができ、効率よく鍛えることができます。

このように、筋トレと体幹トレーニングをバランスよく行うことで、相乗効果により、さらに高い運動能力を得ることができるのです。

ケガのしにくいカラダづくり - 運動能力の向上効果

体幹トレーニングは、継続すると今まであまり使っていなかった筋肉をほぐすのにも効果的です。

その結果、関節の可動域が広がり、運動をしてもケガをしにくいカラダになります。

さらに、それぞれの部位の連動性もアップするので、運動能力そのものが上がる効果があります。

カラダのバランスも良くなり、スピードと精度の向上が望めるでしょう。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク