健康習慣ガム効果
ガムgum

ガムに健康効果が!? ガムがもたらすカラダへの影響7選

ガムの効果

ガムは口の中で噛むだけで、栄養として摂り込むことはありません。

しかし、噛む行為そのものがカラダにも心にもよい効果を与えていることをご存知でしょうか?

普段何気なく行っている「ガムを噛む」という行為が、実はカラダが欲していたことだったとわかると驚くかもしれません。

今回はそんなガムを噛むことがもたらすカラダへの効果についてご紹介していきます、

スポーツ選手も実践!- 集中力を高める効果

野球の試合などを見ていると、打席に入る前にガムを噛んでいる選手がいることに気がつくでしょう。

あれは、あごを動かすことによって脳への血流量を増やし、集中力を高めているのです。

脳への血流量アップという意味では、集中力を必要とする仕事や勉強などにもガムは効果的ですね。高齢者のボケを防止するときにも応用できます。

虫歯を予防する効果

ガムを噛むと虫歯を予防する効果があります。これはちょっと意外ですね。ガムを噛むと唾液が出ますが、この唾液には口の中を浄化する作用があります。

虫歯は虫歯菌が出す酸によって起こるため、酸の働きを弱め、溶かされる前に歯を修復してやれば予防になります。

一般的なガムでも虫歯を予防する効果が期待できますが、糖分を長く口の中に止めると逆効果になってしまいます。

キシリトールを50%以上配合しているものを選ぶと虫歯予防には効果的です。

消化吸収を助け胃腸の負担を減らす効果

ガム噛むことによって分泌が増える唾液は消化酵素を含んでいます。

理科の時間に習ったアミラーゼはその代表格ですが、それ以外の消化酵素も含まれています。

ガムを噛むことによって十分な量の唾液を分泌させることができれば、食べ物の消化を胃腸だけに負担させることがなくなります。

ガムを噛むことはを守る効果にもつながるのです。

怖いガンの予防にも一役買っている!

唾液には消化酵素だけでなく、ペロオキシターゼという成分も含まれています。

実は、この成分には活性酸素を抑える効果があるため、ガムを噛むことはガン予防にも有効だと言われています。

つまり、ガムを噛んで唾液の量を増やすだけで、ガン予防になるということです

ダイエットにも利用できる!

ガムを噛むときのあごの動きは食べ物を咀嚼するときと同じため、満腹中枢を刺激します。

そのため、空腹のときに噛むようにすると食べ過ぎを防ぐことができ、ダイエットにもつながります。

顔の筋肉を動かすことで小顔効果も

噛む動きは、顔からあご、首筋にかけての筋肉を刺激するのに役立ちます。

意識しないとなかなか動かす機会のない顔から首にかけての筋肉を、ガムを噛むことで集中的に動かせます。

そのため、たるみやすいほほやあごのラインが引き締まり小顔になる効果が期待できるのです。

禁煙するためにもガムは有効!

禁煙をする際の口寂しさを紛らわすためにもガムはよく用いられます。

治療薬としてもガムタイプのものがあり、少しずつ成分を吸収するのに役立っています。

イライラした気分を紛らわすのに利用されるのはもちろん、ガム噛みながらではタバコを吸いにくいことから、タバコを手に取ること自体を減らす効果も期待できます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク