健康習慣半身浴効果
半身浴half-body-bathing

半身浴の優れた効果と正しい入浴法について

半身浴の効果

最近何かと話題の半身浴。以前からあった入浴法ですが、近年ではその健康効果に再び注目が集まっていますね。

半身浴は、湯船に38~40℃のぬるめのお湯を張り、みぞおちより下の部分だけお湯に浸かりながら20分以上かけてゆっくり汗をかく入浴法です。

様々な効果が期待できますが、あくまでも正しい方法で行うことが前提となります。今回は半身浴の効果と半身浴の入浴法についてご紹介します。

優れたリラックス効果 - 効果的な設定温度と時間は?

半身浴の最も注目すべき点は心身ともにリラックスできるという点です。

リラックス効果を期待する場合の半身浴は、38℃前後のぬるめのお湯に20分~30分入るのが理想です。

40℃以上のお湯に長時間入るのは心臓や内臓に負担がかかりますし、温度の高いお湯に短時間入るだけでは逆効果になります。

40℃未満では副交感神経が、40℃以上では交感神経が活発に働くため、副交感神経を刺激するためには40℃未満のお湯でカラダの芯から温めるのが効果的です。

また、カモミールやイランイラン、ネロリなど心をリラックスさせるアロマをプラスすると更に効果がアップします。

血行促進効果 - 冷え性、肩こり、むくみの解消に!

半身浴には血行を促進する効果があります。

半身浴はカラダの芯から長時間温まるので、通常の入浴よりも高い血行促進効果が期待でします。

血行が促進されることにより、全身の血流が促され、冷え性肩こりむくみの解消に効果があります。

また、湯船の中でマッサージをしたり、お風呂上りに軽くストレッチをすることで、さらなる血流促進効果が期待できます。

体温の上昇と副交感神経を優位にさせることで安眠効果も!

半身浴には安眠効果も期待できます。

40℃以下のぬるめのお湯に20~30分入る半身浴は副交感神経を優位にさせます。

就寝前に半身浴を行うことで、副交感神経を優位にさせ、自然な眠りに導きことができます。

また、人間のカラダは体温が下がるとともに眠りにつくようにできています。体温を下げるには一度体温を上げる必要があるのです。

半身浴を睡眠の2時間ほど前に行うことで、一度カラダの体温を上げ、自然な睡眠へと導くことができます。

正しい入浴法をマスターしよう!

半身浴の効果を最大限に引き出すには、入浴法が重要です。

正しく入浴すれば下半身しかお湯に浸かっていなくても全身が温まりますが、間違った入り方をすると逆にカラダを冷やすことにもなりかねません。

例えば、上半身を濡らしてしまうと、濡れたところから放熱して、逆にカラダを冷やしてしまうことになります。

浴室を暖かく保つか、上半身をタオルなどで覆ってカラダを冷やさない工夫が必要です。寒さを感じながらの半身浴は逆効果になります。

また、カラダをきちんと温めるためには20~30分ほど時間がかかるため、お湯の管理も重要になります。

少しお湯の温度が下がったと感じたら、たし湯や追い炊きをして、適温を保ちながら入るようにしましょう。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク