ハーブティーherb-tea

ストレスフルな社会にグッド!ハーブティーがもたらす効果とは?

ハーブティーの効果

フルーティーでさわやかな香りが、気持ちを落ち着かせてくれるハーブティー。

味わうだけでなく、多くの種類の中から、自分好みのハーブティーを探すのも一つの楽しみですね。

ハーブティーは、豊富な種類があるように、効果や効能もさまざまです。

今回は、さまざまな効果のあるハーブティーの中でも、とくに有効と言われる効果をご紹介します。

ノンカフェイン - 妊婦さんや薬を服用中でも飲める

ハーブティーのほとんどがノンカフェイン(カフェインレス)になります。

コーヒーなどに入っているカフェインには、覚醒作用で眠気を覚ます効果があります。

一方で、空腹時はが荒れる、飲みすぎるとの吸収を妨げる、コレステロール値が上がるなどのデメリットもあります。

ノンカフェインのハーブティーでは、上記のような悪影響を受ず、妊娠・授乳時期、薬の服用中の方には効果的な飲み物です。

ただ、すべてのハーブティーが良いわけでなく、中には子宮の収縮を促す・子宮の筋肉を緊張・刺激する・母乳の分泌を抑制するなどのハーブティーもあります

この時期は、ルイボスティー・タンポポ茶・ラズベリーリーフ・フェンネル・セージがおすすめとされています。

アロマテラピー効果 - リラックス、ストレス解消

ハーブティーには、アロマテラピー効果があります。

ハーブティーから薫る香りが、嗅覚をとおして脳に直接作用し、自律神経に働きかけます。

副交感神経が優位となり、リラックス効果で気持ちを穏やかにしてくれます。

安眠効果 - 香りとノンカフェインがもたらす作用

ハーブティーには、安眠効果があります。

ハーブティーのアロマ効果が、気持ちのリラックスやリフレッシュ、ノンカフェインのハーブティーは、覚醒作用がないため寝つきを良くします。

また、飲むという動作がホット一息いれたり、寝る前に暖かい飲み物を摂取することも、深い眠りにつくことにつながります。

リフレッシュ効果 - 好みのハーブティーを見つける楽しみ

ハーブティーには、多くの種類があり、香り・味・色とさまざまです。

効果や効能を目的とした選び方もいいですが、まずは、好みに合ったハーブティーを飲むのが一番の効果です。

自分の好みに合ったハーブティーを探すわくわくした気持ちや楽しみ、見つけた時の喜び、これらの行為が気分をリフレッシュし、ストレスの解消にもなります

ダイエット効果 - 食欲の抑制、デトックス

ハーブティーの中には、ダイエット効果に有効なものもあります。

ハーブティーの香りや、甘みがあるハーブが、過度な食欲を抑えてくれます。

また、利尿作用があるハーブティーもあり、むくみの予防やデトックス効果もあるので、これらの効果がダイエットにつながります。

多種多様の効果 - ざまざまな栄養素や有効成分を含む

ハーブティーには多くの種類があり、それぞれ含まれる有効成分やビタミン・ミネラルも異なり効果や効能も変わってきます。

また、効果にあわせてブレンドされたハーブティーもあります。

上記以外にも、花粉症鼻づまり口臭肌荒れの改善や予防の効果、消化促進・美肌・抗菌殺菌、抗酸化作用など、さまざまな効果に有効とされています。

ハーブティーにもメリット・デメリットがある

ハーブティーは、種類によってさまざまな健康効果があります。

そして、持病がある方・健康な方でも人によっては合う合わないもあります。

ハーブティーを試したいけど迷っているという方は、通院中の医師に相談したり、ハーブティーのコーディネーターに選んでもらうのもいいでしょう。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク