ホットミルクhot-milk

ホットミルクの嬉しい効果 - カラダも心もほっとするホットミルク

ホットミルクの効果

ミルクの甘い香りがほっとする、ホットミルク。

ホットミルクは、牛乳を温めた飲み物です。今では低脂肪乳や豆乳アーモンドミルクで作る方もいます。

また、チョコレートココア、抹茶などのアレンジがきくため、子どもから大人まで幅広く飲まれています。

ホットミルクは、牛乳なので牛乳が持つ健康効果を得られるのはもちろん、ホットミルクならではのカラダに良い効果があります。

今回は、ホットミルクの効果についてご紹介します。

リラックス効果 - 気持ちを安定させる

ホットミルクには、リラックス効果があります。

ホットミルクに含まれるカルシウムには、イライラする気持ちを抑える働きがあり、リラックス効果があります。

カルシウムは、抗ストレスホルモン「コルチゾール」の生成に関わる栄養で、ストレスを和らげ気持ちを穏やかにしてくれます。

睡眠ホルモン「メラトニン」を分泌 - 寝つけない不眠の解消

ホットミルクには、安眠につながる睡眠ホルモンを分泌する効果があります。

牛乳には、必須アミノ酸の一種、トリプトファンが含まれます。

トリプトファンは、脳内の幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の材料となり分泌を促します。

さらに、セロトニンは、睡眠ホルモンである「メラトニン」となるため、質の良い睡眠へと導きます。

ホットだから得られる効果 - 深部体温を上げる

ホットミルクは、温かい飲み物なので胃腸が温まり深部体温が上がります。その後、深部体温は徐々に下がります。

ヒトは体温が下がると眠気を催します。

ホットミルクは、上記のリラックス効果や睡眠ホルモンの分泌などの相乗効果で質の良い睡眠をえる事ができます。

胃腸にやさしい - 胃粘膜の保護

ホットミルクには、の粘膜を保護する効果があります。

牛乳には、胃酸を抑える働きがあり、消化を助けて胃の負担をかけないようにします。

また、ホットミルクは温かい飲み物なので、冷たい飲みのと違い刺激が弱く胃に負担がかかりません。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク