健康習慣腹筋運動効果
腹筋運動sit-up

やっぱりすごかった!腹筋運動がもたらす見事な効果7選

腹筋運動の効果

ダイエット筋トレというと、多くの人が真っ先に思い浮かべるのが腹筋運動。

「最近、お腹が出てきたなぁ」「夏に向けてカラダを引き締めないと」とふとしたきっかけで腹筋運動を始める方も多いのではないでしょうか?

また、腹筋運動は天候に左右されず、部屋の中でできるため、運動不足解消のためにも気軽に始められますね。

今回のテーマはそんな腹筋運動について。今さらかと思いますが、腹筋運動のカラダへの効果をまとめました。

多くの人が期待するお腹痩せの効果! スリムな印象をあたえる効果も

腹筋運動には多くの人が期待するお腹痩せの効果があります。

多くの内臓が収まっているお腹には骨がありません。

そのため、骨の動きに連動して筋肉が使われることがなく、お腹は脂肪が溜まりやすい部位でもあります。

腹筋運動はこうした意識しないと鍛えられないお腹の筋肉を鍛えることで、お腹周りの脂肪を燃焼させる効果があります。

また、お腹は目がいきやすい部分でもあるので、お腹が引き締まることで全体的にスリムな印象を与える効果も期待できます。

基礎代謝を上げる効果 - 太りにくく、痩せやすいカラダに

腹筋運動には基礎代謝を上げる効果があります。

筋肉は余分な脂肪をエネルギーとして使います。そのため、腹筋を鍛えると、脂肪の燃焼効率がよくなり基礎代謝がアップします

基礎代謝とは、運動しなくても生命を維持するために身体が使うエネルギーのことです。

基礎代謝が上がれば、その分太りにくくなり、痩せやすいカラダにもなります。

便秘やお腹の冷えを解消する効果

腹筋運動にはお腹まわりの冷えを解消する効果があります。

腹筋を鍛えると、内臓の働きもよくなります。また、腹筋を鍛えることで、筋肉が熱を作り出すため、お腹まわりの冷えも解消されます。

さらに、筋肉を動かすことによって蠕動運動も活発になるため、便秘解消の効果も期待できます。

腹筋、背筋を鍛えることで腰痛の予防・改善効果が!

腰痛の原因の一つに、腹筋と背筋の筋力不足が挙げられます。

腹筋運動を行うことで、筋力不足による腰痛を改善する効果が期待できます。

ただし、ここで注意していただきたいのは、腹筋運動をやったら必ず背筋運動も行って下さい。

どちらか一方だけが強くバランスが悪い場合にも腰痛は引き起こされます。腹筋と背筋の両方をバランス良く鍛え、腰痛の改善や予防に役立てましょう

腹筋を鍛えると胃下垂が治る!

胃下垂には様々な原因がありますが、内臓の位置を支える筋力の低下によって起こっている場合には、お腹の筋力を鍛えることで治せます。

ただし、胃下垂を治すのであれば、腹筋を6つに割るような上腹筋を鍛える運動をやってもあまり効果がありません。

それどころか、上部の筋力だけ強くなることによって、が上から下に押されて胃下垂が悪化してしまうこともあります。

を上に持ち上げるためには、下腹部の腹筋を鍛える必要があります。レッグレイズなど脚を上げる運動が下腹部の鍛えるのには役立ちます。

女性にうれしいバストアップ効果! 姿勢が良くなる効果も

腹筋にはバストアップ効果も期待できます。これは女性にとって嬉しい効果ですね。

腹筋を鍛えると、前後左右のゆがみが解消され、自然とよい姿勢になってきます

また、姿勢が良くなると、バストの位置も上がるため、腹筋がバストアップにつながると言えるのです。

疲れにくいカラダに - 血流やリンパの流れが良くなる効果

筋力がない人は新陳代謝が悪く、老廃物も体内に溜めやすくなります。

その点、筋肉を鍛えて基礎代謝を上げてやると、血流やリンパの流れもよくなり、老廃物を効率よく輩出することができるようになります。

ですから、腹筋を鍛えて必要な筋力をつけてやると、疲れにくくなる効果が期待できます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク