健康習慣睡眠効果
睡眠sleep

寿命にまで影響!? 睡眠がもたらす効果と重要性について

睡眠の効果

健康的な毎日を送るために欠かせない要素は、食事運動、睡眠です。

この中でも特に重要なのが睡眠。睡眠は私たちの生活パフォーマンスに影響を与えるのみならず、病気や心の病、ひいては寿命にまで影響を及ぼします。

みなさんも睡眠の重要性は十分に分かっていると思いますが、睡眠がもたらす具体的な効果までは認識できていないようです。

そこで、今回は睡眠がもたらす効果を具体的に詳しく解説します。睡眠の重要性を認識して、質の高い人生を謳歌して下さい。

関連記事:今日から実践! 睡眠の質を上げる6つの習慣

カラダと脳の疲労を解消する効果 - 仕事や勉強のパフォーマンスにも

睡眠には、カラダの疲れと脳の疲れを同時に解消する効果があります。

カラダの疲れと比べて、脳の疲れには気がつかない人が多いようですが、脳の疲れを取るためには、脳の活動を一旦止めて、しっかり休ませる必要があります。

そのためには目を閉じ、情報を一切頭に入れないようにして睡眠を取ることが欠かせません。

質の高い睡眠をとることで、翌日の仕事や勉強のパフォーマンスも飛躍的に向上します。睡眠がもたらす疲労回復効果をあなどってはいけません。

成長ホルモンの分泌を促す効果 - アンチエイジング、脂肪燃焼も

睡眠には成長ホルモンを促す効果があります。

成長ホルモンは、眠り始めてから一定の時間が経ったときに来るノンレム睡眠時に分泌量が増えます。

成長ホルモンという名前から、子供が成長するためのホルモンと勘違いされがちですが、実は大人にとっても重要なホルモンの1つです。

成長ホルモンはカラダ中の細胞を修復したり、再生させたりする作用があり、余分な脂肪を燃焼させる効果もあります。

そのため、アンチエイジングダイエットには、しっかりとした睡眠が不可欠になるのです。

自律神経のバランスを整える効果 - ストレスやうつ病対策にも

睡眠には自律神経のバランスを整える効果があります。

睡眠時には副交感神経が優位になります。副交感神経は神経系の正常化、カラダの修復、血流のやリンパの流れを促すなどの効果があります。

特に現代人は交感神経が優位になりがちで、自律神経のバランスが崩れやすい環境にあります。

良質な睡眠をとることで、副交感神経を優位にさせ、乱れがちな自律神経のバランスを整えることができます。

また、自律神経が整うことで、ストレスや自律神経失調症、うつ病の予防にも効果があります。

免疫力を高める効果 - 病気の予防や傷の修復にも!

睡眠には免疫細胞の活動を促し、免疫力を高める効果があります。

免疫物質は睡眠中に作られます。また、睡眠状態になると副交感神経が優位になり、ウイルスやガン細胞をやっつけてくれるNK細胞などの働きが活性化します。

きちんと睡眠がとれていれば、このような免疫機能は正常に作動しますが、正しい睡眠がとれないと、これらの免疫機能は正常に動かなくなります。

睡眠不足が続くと風邪をひきやすくなるのはこのためです。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク