健康習慣笑い効果
笑いsmile

「笑い」の効果がすごすぎる!医師も認める笑いの効能とは?

笑いの効果

「笑う門には福来る」ということわざがあります。

「笑顔で周囲の人とコミュニケーション取っていると、その人のところには自然と幸せが訪れる」という意味ですね。

実はこの「笑い」、日々の生活を幸福にするだけでなく、健康にも素晴らしい効果があることはご存知でしょうか?

実際に「笑うことの健康への有効性」は多くのお医者さんも認めています。今回はそんな笑いについて、笑いのもたらす効果を詳しく探っていきます。

エンドルフィンの分泌 - 精神の安定やストレス解消効果

笑いによって、脳の中には脳内麻薬とも呼ばれる鎮静物質「エンドルフィン」が分泌されます。

このエンドルフィンは、モルヒネの何倍にも相当する強い鎮痛作用を持つと言われ、精神的なストレスを緩和する効果を持っています。

実際に、病院などでも笑いによる鎮痛作用をガン患者やリウマチ患者の治療に活かしている例もあり、精神の安定を必要とする場面でも笑いの効果が活用されています。

NK細胞を活発化 - 免疫力をアップさせる効果

笑いには、免疫力をアップさせる効果があることが分かっています。

笑うことによって脳内には善玉の神経ペプチドが作られ、それがナチュラルキラー細胞(NK細胞)に付着すると、NK細胞の働きが活発になります。

NK細胞は、単細胞の異常を感知したり、侵入したウイルスや細菌、有害物質を発見したりして攻撃する細胞ですので、笑うことは免疫力のアップにつながるというわけです。

アルファ波が増加!- 脳を活性化する効果

笑いには脳を活性化する効果もあります。これもちょっと驚きの効果ですね。

人間は笑うことで脳波の一種である「アルファ波」が増加します。アルファ波が増えることで脳はリラックスし、活性化することが確かめられています。

また、落語を聞いて笑った後に脳の血流量を測定したところ、血流量が増加したという報告もあります。

自律神経のバランスを整える効果 - うつ病、自律神経失調症対策にも

大声を出して笑うことは、ストレスによって乱れがちな自律神経のバランスを正常化するのにも効果があります。

精神的なストレスがかかると、自律神経は交感神経が優位な状態になり、緊張した状態が続きます。

しかし、声を出して楽しそうに笑うと、副交感神経が優位に働くようになり、自律神経のバランスが整えられます。

自律神経のバランスが整えられることで、自律神経失調症、うつ病、頭痛腹痛などの諸症状の緩和や予防にも役立ちます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク