健康習慣ストレッチ効果
ストレッチstretch

【ストレッチの効果】日課にしたいストレッチの優れた効果4選

ストレッチの効果

いつまでも若々しく、軽々としたカラダを維持したい…。

多くの人がそんな状態を夢見ていることでしょう。そこで、そんなあなたにおすすめなのがストレッチ!

今さらかと思いますが、ストレッチには優れた効果がたくさんあります。

ただし、ストレッチは1日や2日やっただけでは大した効果は期待できません。毎日の日課、習慣にすることで心身ともに良い恩恵を得ることができます。

筋肉、関節の可動域を広げる効果 - ケガの予防にも

ストレッチには筋肉や関節の可動域を広げる効果があります。

これはみなさんご存知のストレッチの効果ですね。

ストレッチを日課にすることで、筋肉や関節の可動域が徐々に広がり、ケガの予防にもつながります。

血行を良くする効果 - 冷え性、肩こり、むくみ対策にもOK!

ストレッチには血行をよくする効果があります。

ストレッチをすると、筋肉の持つポンプ効果(筋ポンプ作用)で、全身の血液循環を促進させます。

血行が良くなることで、冷え性肩こりむくみ腰痛など血行不良が原因の様々な病気に効果があります。また、代謝アップの期待もできます。

硬くなった筋肉を柔らかくする効果 - 自然と痩せやすいカラダに

ストレッチには、硬くなった筋肉を柔らかくする効果があります。

ストレッチで硬い筋肉が柔らかくなると、血液の循環も良くなり代謝もアップするため、痩せやすいカラダへとつながります。

カラダが硬い人は痩せにくいと言われるのは、筋肉が硬いとエネルギーを体内で消費する量が落ちるためです。

運動不足、とくにデスクワークなど長い時間動かない仕事をしている方は、筋肉が硬くなり、さらにその周りに脂肪がつきやすくなります。また、むくみの原因にもなります。

リラックス効果 - 深呼吸、アロマ、ヒーリング音楽で効果倍増!

ストレッチには、リラックス効果もあります。

ゆったりとしたストレッチを行うと、前頭葉でアルファ波が増加します。

さらに、ストレッチには心拍数を低下させ、副交感神経を優位にさせる働きがあります。

ゆったりとしたストレッチは単独でも効果がありますが、深呼吸アロマ、ヒーリング系の音楽をかけながらやるとリラックス効果は倍増します。

入浴後、就寝前のゆっくりとした時間に行うのがベストです。

就寝前ストレッチでぐっすり!快適な睡眠へ導く効果

ストレッチには快適な睡眠へ導く効果もあります。

前述したとおり、ストレッチには副交感神経を優位にさせる働きがあります。

本来、ヒトは眠るときに副交感神経が優位になりますので、ストレッチを就寝前に行うことで、自然と深い眠りに入ることができます。

こちらもリラックス効果同様、入浴後の就寝前に行うことをおすすめします。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク