散歩とは?散歩の意味と概要について

健康習慣散歩散歩とは
散歩take-a-walk

散歩の概要

名称 散歩 英名 take-a-walk
分類1 運動・エクササイズ 分類2

癒し・リフレッシュ、生活習慣の改善、脳の活性化、有酸素運動

主な効果・効能 体内時計を整える効果、不眠症の解消、リフレッシュ効果など

散歩とは?

散歩とは、気晴らしや散歩を目的にぶらぶら歩く運動ことです。

散歩

自宅の周辺や散歩コースを歩くことで、結果的に健康増進などの効果が得られるものとなります。

散歩は足の筋肉を使う運動になり、足腰の強化、昼間なら日光浴によるビタミンDの生成、特に朝の散歩は体内時計を整える効果があります。また、外に出ることで気晴らしになるため精神的にもよい効果が得られます。

これら以外にも、散歩には多くのメリットが認められます。運動によるカロリー消費によって肥満防止や糖尿病予防、軽い疲れを利用した不眠症の改善などの健康維持を挙げることができます。

散歩は、運動量が大きくなく激しくもないため、簡単気軽に始められ、特別な服装や道具も不用で、足首などを傷める危険もめったにありません。

散歩は、古来より哲学者などの思索者は散歩を特に好み、歩きながら斬新なアイデアに気付くことが多かったとされます。これは、既成概念に囚われ凝り固まった意識を開放し、発想の仕方を普段とは違う形にすることで、アイデアや発想力を高めるられるためです。

散策でしかない単なる気晴らしが、大きな知的成果を唐突にもたらすことが実際にあり、これを生活習慣にすることには、脳機能をも含め、様々なメリットがあります。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク