トレイルランニングtrail-running

トレイルランニングの効果 - 自然の中を走るランニングの効果とは?

トレイルランニングの効果

自然の中を走るトレイルランニング。ランニング上級者をはじめ、アウトドアブームも追い風となり、近年注目を集めているスポーツです。

トレイルランニングには、普通のランニングの持つ健康効果の他に、トレイルランニング独特の健康効果があります。

アップダウンのある山道を走るトレイルランニングには、どのような効果があるのでしょうか?

今回は、そんなトレイルランニングについてまとめてみました。

全身の筋肉をバランスよく鍛える効果! - 自然のコースを走るメリット

トレイルランニングは、全身の筋肉をバランスよく鍛える効果があります。

一般的なランニングコースは走りやすいように舗装されているため、いつも同じ筋肉にだけ負担をかけています。

その点、トレイルランニングのコースは、舗装されていない山や森が道のため、足先の筋肉だけでは走れません。

そのため、自然と柔らかな伸びのあるフォームになり、決まった部位にだけ負担をかける走り方が修正されます。

負荷をかける部分を分散させることででケガをしにくくなり、腹筋や背筋など脚以外の筋肉も同時に鍛えるのに効果があります。

自然の中を走ることでリラックス! - 精神的な疲れの解消効果

トレイルランニングのコースは不整地のため、山や森の中を走る場合は森林浴と同じ効果が得られます。

つまり、樹木が発するフィトンチッドのリラックス効果、森林・水辺などからのマイナスイオンの効果も走りながら味わうことができるのです。

また、木々のざわめき、水の音、小鳥のさえずりなどには1/f揺らぎが含まれます

都会の中で聞こえる音とは異なり、精神的な疲れを解消してくれます。

脳を活性化する効果も抜群! - 走りながら頭を使う

トレイルランニングのコースは整地されたコースとは異なりデコボコの悪路です

走っている最中に頭を使い、石や木の根っこなど妨害するものを避けるため、走る場所を選ばなければなりません。

しかもスピードを出して走っている最中ですから、瞬時の判断が求められます。

トレイルランニング中は、脳の中でも空間認知を司る部分の刺激が特に多くなります。

そのため、普段使っている部分をリラックスさせながら、普段鍛えられていない脳の部分を活性化する効果があります。

達成感でドーパミンの量を増やす!

トレイルランニングには、どんな人でもコースを制覇して、達成感を得られる点に効果があります。

トレイルランニングは普通のランニングとは異なり、途中で歩いてもタイムが遅くても構いません。ハイキング気分で走ることも許されます。

成功体験を重ねることは、日々のやる気につながる効果があります。

達成感を得ているとき、脳内ではドーパミンの分泌量が増加した状態になっています。

ドーパミンが減少すると集中力や記憶力が衰え、やる気もなくなってしまいます

やる気が無い、落ち込んでいる。こんな時はトレイルランニングで達成感を得るのも、やる気を出す一つの効果的な方法かもしれません。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク