ウォーキングwalking

ウォーキングの効果-運動不足の方にお勧め!優れた5つの効果

ウォーキングの効果

健康維持に良いと言われるウォーキング。

「老化は足から」と言われるように、下半身の筋力は低下しやく、つまずきや転倒などを起こす原因になります。 さらに筋肉は30代から衰え始めるというので驚きです。

ウォーキングは、膝や腰への負担が少なく激しい運動ではないため、比較的続けやすく優れた効果もあります。

そのため、運動不足やこれから運動を始めようとする方には、ウォーキングがお勧めです。

心肺機能の向上効果 - 血行促進、むくみの改善

ウォーキングには心肺機能の向上効果があります。

ウォーキングは、第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎの筋肉を使います。ふくらはぎの筋肉が下半身の血液を上半身に送り、全身の血流を促す効果があります。

血流が良くなると、心臓が血液を送り出す負担が減るため、心肺機能の向上に効果があります。

また、下半身に滞りがちな血液のめぐりが良くなるため、むくみの改善や予防にも効果がもあります。

脂肪燃焼効果 - 痩せやすい体質を作る、生活習慣病の予防

ウォーキングには脂肪燃焼や生活習慣病の予防に効果があります。

ウォーキングンは有酸素運動です。脂肪をエネルギー源とする運動のため、脂肪燃焼効果があり、生活習慣病の予防にも有効です。

また、ウォーキングを続けることで下半身の筋肉が鍛えられるので、基礎代謝が上り痩せやすい体質を作ります。

骨を丈夫にする効果 - 骨密度がアップ、骨粗しょう症予防

ウォーキングには骨を丈夫にする効果があります。

骨は刺激を受けると骨細胞が活発化し、骨の形成を促して丈夫な骨を作る効果があります。

また、ウォーキングには日光浴の効果もあるため、骨の健康維持に必要なビタミンDを体内で生成する働きがあります。

脳の活性化 - 記憶力や集中力、頭の回転が良くなる効果

これもウォーキングの血行促進効果。脳を活性化させる効果があります。

ウォーキングで血流が良くなると、大脳の血のめぐりが良くなり、 脳細胞に酸素を送るため、脳が活性化します。

また、足裏に受ける刺激も脳を活性化させるため、記憶力や集中力が高まります

リラックスやストレス解消にも効果あり!

ウォーキングにはリラックス効果もあります。

ウォーキングは脳に酸素を供給し、ドーパミンやセロトニンなどのホルモンを分泌するため、リラックスやリフレッシュ効果が期待できます。

また、周りの景色を見ながら歩くことも、ストレス解消の効果を高めます。

関連コンテンツ

ウォーキングの関連記事

このページを
シェア/ブックマーク