仮眠に最適な時間と方法について

テーマ別 健康 > 仮眠に最適な時間は? - 昼食後の眠気を吹き飛ばそう!

仮眠に最適な時間は? - 昼食後の眠気を吹き飛ばそう!

仮眠に最適な時間とは?

昼食後、強烈な睡魔に襲われるという経験は誰しもあるのではないでしょうか?お昼ごはんを食べてポカポカと暖かい陽気、そういえば昨日の夜は遅かったなぁ。そんな状態では眠くなるのは当然です。

そこで今回おすすめするのが、「仮眠」。仮眠は睡眠不足はもちろん、疲労回復や仕事、勉強のパフォーマンス向上にも役立ちます。ぜひ、普段から取り入れたい習慣ですね。

今回は、仮眠の最適な時間と正しい方法をご紹介します。何分くらいの仮眠が最適なのか、時間帯はいつが良いのか、昼食後に眠くなりにくい方法などをお伝えしていきます。仮眠をうまく活用することで、疲労回復や仕事のパフォーマンス向上にお役立て下さい。

関連記事:知ってると便利! 仮眠がもたらす効果や効能4選

仮眠に最適な時間は15~20分ほど - 昼食後16時ごろまで

仮眠に最適な時間は15~20分ほど

仮眠に最適な時間は、15~20分ほどです。

仮眠は、集中力の向上や学習効率のアップ、疲労回復などの効果が期待できますが正しい方法、正しい時間で行うことが重要です。方法や時間を間違えると逆効果になってしまいます。

仮眠に最適な時間は15~20分ほど。比較的短い時間で済ませます。30分以上の仮眠は、夜の睡眠にも影響を及ぼしますし、「睡眠慣性」という一種の気だるさを感じるため逆効果です。スマホなどのアラームを活用して15~20分の最適な時間で目を覚ますようにして下さい。

また、仮眠をする時間帯は昼食後から16時ごろがおすすめです。こちらも17時以降になってしまうと夜の睡眠に影響を及ぼすので注意して下さい。

関連記事:仮眠とは?

数分間の仮眠(瞑想)でも脳を休ませる効果アリ

数分の仮眠

仮眠に最適な時間は15~20分と書きましたが、仮眠にそんなに多くの時間を割けないという方もいらっしゃるでしょう。

そういう人には時間の短い数分の仮眠をおすすめします。数分の仮眠ですので、正確には瞑想と言った方が正しいでしょうか。数分の仮眠(瞑想)には脳を休ませる効果があります。

特にデスクワークの方は様々な情報を脳で処理しています。時間の短い仮眠をすることで、これらの情報をシャットアウトすることができ、脳を休ませることができます。

方法は簡単です。カラダの力を抜いて、目を閉じます。ゆっくりと深呼吸をして余計な思考を停止します。余計な考えが浮かんだらその考えを流し、呼吸に意識を集中させます。これを数分間行います。

やってみると分かるのですが、わずか数分の仮眠(瞑想)で頭がスッキリとします。仮眠にあまり長い時間を割けないという方は、ぜひこの短い仮眠(瞑想)をお試し下さい。

現代人におすすめ!瞑想のとてつもない効果3選

昼食のとり方次第で午後の眠気を抑えることも

昼食のとり方

昼食後、15~20分ほどの時間で仮眠をとることは、疲労回復やパフォーマンスの向上の点で非常に有効です。

ただ、オフィスや学校では、なかなか仮眠が取れないという人も多いことでしょう。そこで、仮眠をせずとも昼食のとり方を工夫することで、午後の眠気を抑える方法をご紹介します。

まず、昼食はよく噛んで食べましょう。午後の眠気の正体は血糖値の急上昇です。早食いをすることで血糖値が急激に上がり、インスリンが大量に分泌されます。インスリンとはホルモンの一種で、「休息ホルモン」とも呼ばれます。眠気や倦怠感などを促します。

したがって血糖値の急上昇を抑えるためには、昼食はよく噛んで食べましょう。しっかりと噛むことにより、血糖値の急上昇を押さえ、インスリンの大量分泌を抑えることができます。

炭水化物も血糖値を上昇させる一因となりますので、大量に摂取するのは控えましょう。また、ご飯や麺類など炭水化物を食べる順番を最後にもってくることで、血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク