夏バテ予防におすすめの食事、食べ物をご紹介します。

テーマ別 健康 > 暑さに負けるな! 夏バテ予防におすすめの食事3選

暑さに負けるな! 夏バテ予防におすすめの食事3選

夏バテを予防する食事

夏のような暑い季節になると、体がだるかったり食欲がなかったりという不調を感じる人もいるのではないでしょうか。

そのような辛い状態が続くのであれば、夏バテの可能性が高いです。

しかし、夏バテは普段の食生活を変えるだけでも簡単に予防できてしまうものでもあります。辛い夏バテに負けないためにも、普段の食事を見直す必要があるのかもしれません。

ここでは、夏バテ予防に最適な食事を紹介します。暑さに負けない体をつくりましょう。

関連記事:夏バテの原因と対策をチェック!

夏バテに効果的な「ビタミンB1」は豚肉料理で摂取しよう!

豚の生姜焼き

夏バテになる原因の1つがビタミンB1の不足です。

このビタミンB1とは、食事で摂取した糖質をエネルギーに変える役割をする栄養素です。ビタミンB1が不足するとエネルギーをつくることができないため、疲労物質が溜まりやすいカラダになるのです。

特に夏のような暑い時期は、ビタミンB1の消耗が加速するので注意が必要です。

ビタミンB1を多く含む食材として挙げられるのが、豚肉玄米うなぎカツオなどですが、この中でも「豚肉」は簡単に購入できる食材でもあるため、日頃からしっかりと摂取していきたいものであります。

ですから、豚肉を使った料理を知っておくと安心です。しかし、豚肉を使った料理は数多くありますが、夏バテのような食欲がない状態ですと食べることができない可能性があります。

そのよう場合は、香辛料や香味野菜を使って食欲を増進させることのできる料理がおすすめです。例えば、豚肉の生姜焼きや豚肉のしゃぶしゃぶをわさびやネギなどでつくったタレで食べるのも良いでしょう。

関連記事:豚肉の栄養は?今さら聞けない豚肉の栄養と効能について

夏野菜でビタミンとミネラルを補おう!

ラタトゥイユ

夏の暑い時期になると人はたくさんの汗を流しますが、同時にビタミンやミネラルも出します。

そのため、夏になると、カラダが慢性的なビタミン・ミネラル不足状態になり、ストレスを感じやすくなります。また、その状態が続くと自律神経が乱れ、胃腸の機能も低下していくので、食欲低下を招きます。

このような状況にならないためには、ビタミンとミネラルを多く含んだ野菜を食べるのが良いでしょう。特に、夏の季節には数多くの美味しい夏野菜が食べられるようになりますから、しっかりと摂取したいところです。

夏野菜は、ナスズッキーニキャベツカボチャなど色々な野菜があります。そこで、それらを一度に食べられる食事メニューとしておすすめなのが「ラタトゥイユ」です。たくさんの野菜を味わえる煮込み料理ですが、保存もできますし、他の料理にも活用できるので一度試してはいかがでしょうか。

酸っぱい食べ物で疲労を回復!

柑橘類

夏バテを予防するには、日頃の疲れを溜めないことが大切になります。この疲れを解消するには、クエン酸と呼ばれる栄養素の摂取が鍵になります。

クエン酸とは、疲労の原因になる乳酸の分解を促進し、体外に排出する役割があります。そのため、夏バテのように疲労の溜まりやすい状態の時には非常に有効な栄養素なのです。

このクエン酸が多く含まれる食材には酸っぱいものが多く、代表的なものとしてグレープフルーツオレンジ梅干しレモンなどがあります。これらの食材はそのまま食べるというのがおすすめです。

例えば、オレンジやグレープフルーツを食後のデザートや朝食のメニューとして加えることができますし、梅干しやレモンは、毎日の食事の薬味として使えば、美味しく食べられるだけでなく食欲を増進させることも可能です。

夏バテを予防したい場合は、酸っぱい食べ物を食べることをおすすめします。

関連記事:現代人が押さえておきたいクエン酸の効果と効能

冷たいものの食べ過ぎはNG!夏バテは正しい食事で撃退しよう!

冷たいもの

夏バテを予防するには、効果的な食事をすることが大切になりますが、夏の暑い時期はどうしても食欲が落ちてしまうこともあるはずです。

ですから、冷たい食べ物だけを食べ続けてしまうこともあるかもしれません。また、夏は冷たい食べ物や飲み物が美味しい季節でもありますから、その誘惑に負けてしまうこともあるでしょう。

しかし、冷たい物ばかり食べるのは夏バテを加速させる原因になります。冷たい食べ物の食べ過ぎは、胃腸を冷やすので胃腸機能の低下を招き、食欲を低下させます。

さらに、食欲の低下が続くと免疫力が下がり夏風邪といった病気になる可能性も高めます。ですから、暑い夏の時期でも冷たい食べ物だけでなく、温かい食べ物も積極的に摂取するようにしましょう。

もし、夏バテに悩んでいるのであれば、食習慣から改善してみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク