キレート作用とは

キーワード > キレート作用
キレート作用chelating-action

キレート作用とは?

一般的に使われるキレート作用には、二つの意味の作用があります。

一つ目のキレート作用は、ミネラルを体内に吸収しやすい形に変え、吸収されやすくする作用。

二つ目のキレート作用は、有害な金属を体外への排出しやすくする作用です。

まず、一つ目のキレート作用では、クエン酸がミネラルを包み込んで結合し、体内に鉄分カルシウムなどのミネラルを吸収しやすくする働きです。

もう一方のキレート作用は、食品に含まれる成分(キレート作用を起こす)と有害な金属イオンが結合し、便や尿などとして体外に排出やすくします。

この様な体外に排出するキレート作用をもつ食品には、玄米のフィチン酸、にんにくねぎのイオウ化合物などが挙げられます。

その他、大豆ナス人参バナナリンゴなどもキレート作用があります。

また、キレート作用には、被爆物質の体外への排出効果が論文によって発表され、これらの食材が被爆物質の体外除去を期待して摂取されたりしています。

上記二つの作用を合わせて、一般的にキレート作用とは、食品が体内へミネラルの吸収を促す効果と、有害金属を体外への排出する働きのことを指します。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク