集中力とは

キーワード > 集中力
集中力concentration

集中力とは?

集中力とは、一つの事柄に対し五感を協調させながら取り組む能力のことです。

たとえば勉強や仕事、趣味に熱中している時は、視覚や思考能力をよく使い、周囲の物音や匂いはあまり気にならなくなります。

このように集中力とは、感覚がバランスをとることで高められるものです。

集中力とは脳が司る力であるため、集中力の向上には脳に十分な栄養や酸素を供給することが重要です。

脳は、ブドウ糖を栄養源にしています。食べ物や飲み物から補給する栄養分や砂糖などが消化されブドウ糖になります。

主なもには、ご飯やパンから摂る炭水化物、お菓子やジュース、特にチョコレートやあんこが集中力を高めます。

チョコレートの糖分はもちろんのこと、苦味成分であるテオブロミンは集中力に加え思考力、記憶力のアップにも作用します。

またチョコレートの香りはリラックス作用があり、自律神経の調整によって集中力向上を促進します。

あんこに含まれているビタミンB1は糖質をエネルギーに変え、また果物がもつ糖分も集中力をスムーズに高める効果があります。

食べ物の工夫によっても促進させられる能力ですが、脳を休めることも集中力を高める事につながります。

集中力は30~60分が限界で、脳は徐々に疲れ集中力が落ちてくると言われます。脳に酸素を送り、リラックスさせるためには、適度な休憩や運動睡眠も重要です。

集中力とは、カラダの状況に応じて左右されるものであり、日頃からの気配りが大切だといえます。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク