必須アミノ酸とは

健康・美容 用語集 > 必須アミノ酸
必須アミノ酸essential-amino-acid

必須アミノ酸とは?

必須アミノ酸とは、体内で作り出すことができないアミノ酸のことで、食事から補う必要があります。

筋肉や骨、臓器などを作るタンパク質は、20種類のアミノ酸の組み合わせで構成され、そのうち、9種類が体内で合成できない必須アミノ酸、残り11種類は体内で合成ができる非必須アミノ酸です。

必須アミノ酸には、ロイシン、イソロイシン、リジンメチオニンフェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン 、バリン、ヒスチジンがあります。

また、ヒスチジンは、子どもの時期だけ体内で合成できないとして必須アミノ酸になっていましたが、近年では成人にも必要とされています。

アミノ酸不足はタンパク質の働きを低下させ、体力や筋力・免疫力の低下、抜け毛不眠、ホルモンバランスの乱れなど体調不良や病気の原因になります。

とくに日本人はアミノ酸が不足しがちで、食事でしか得られない必須アミノ酸はさらに不足ぎみ。肉・魚・豆・・乳製品をしっかり摂ることが大切です。

中でも、必須アミノ酸がバランスよく含まれるアミノ酸スコアが高い食品には、牛肉いわしエビ大豆牛乳里芋などが挙げられます。

他の栄養も摂れるように、アミノ酸スコアが高い食品ばかりではなく、野菜や穀物・果物なども積極的に食べることが大切です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク