善玉菌とは

キーワード > 善玉菌
善玉菌good-bacteria

善玉菌とは?

善玉菌とは、腸内細菌のうち体の健康に寄与する細菌のことです。

善玉菌とは対照的に、体に有害とされる物質の産出、健康に対して悪影響を及ぼすものは悪玉菌と呼ばれています。

人間の腸内には、善玉菌や悪玉菌のほかに日和見菌も生息し、総数は100兆個を超えると言われ、お花畑のようだと腸内フローラと称されることもあります。

代表的な善玉菌とは、乳酸菌ビフィズス菌などを言います。

これらは腸の蠕動運動を活発化させ、腸管の食べ物の老廃物を吸着・排出を促し、腸内環境の改善や有害物質の速やかな排出にも役立っています。

腸内を弱酸性に保つことで、悪玉菌の増殖を防いで善玉菌が優位な環境とするほか、免疫力の向上にも効果があるとされています。

また、抗生物質の服用は、乳酸菌やビフィズス菌が死滅すると言われ、腸内環境を乱す原因となります。

善玉菌は、体に良いとされる乳酸や酢酸、酪酸やプロピオン酸などを産出しますこれらは野菜や果物、オリゴ糖などを摂取することで産出されやすくなります。

一方、肉や脂肪などは、悪玉菌によってアンモニアやコレステロール代謝物などに分解されるため、食べ物をバランスよく摂取することが必要となります。

善玉菌はヨーグルト納豆などの発酵食品を食べることで摂取できるほか、サプリメントでも摂取することが可能です。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク