成長ホルモンとは

キーワード > 成長ホルモン
成長ホルモンgrowth-hormone

成長ホルモンとは?

成長ホルモンとは、子どもから大人まで必要なホルモンです。

子どもの場合、成長ホルモンがきちんと分泌されていないと、低身長症などといって、身長の伸びが悪いといった症状が見られます。

その場合、血液検査などをして、成長ホルモンの分泌がきちんとされているかを確認し、必要があれば成長ホルモンの注射をすることで分泌をよくし、身長の伸びを良くする治療を受けることができます。

大人では、ダイエット美容にも欠かせません。寝ている間に脂質を分解しますし、皮膚や粘膜の修復や再生などに関わり、成長ホルモンは別名「美肌・若返りホルモン」とも呼ばれます。

成長ホルモンを増やすためには、バランスの良い食事、適度な運動や十分な睡眠を心掛けることが大切です。

特に、睡眠2時間後に成長ホルモンが一番分泌されやすく、きちんと熟睡し年齢にあった睡眠時間を確保することが欠かせません。乳幼児期は、10時間以上の睡眠が必要で、しっかりと眠ることで成長ホルモンの分泌がよくなります。

成長ホルモンは、生涯に渡り分泌され続ける人間の様々な機能に関係するホルモンです。大人になっても、疲れにくいカラダを作るために、睡眠や食事、運動などに気をつけ、成長ホルモンが分泌されやすい生活を心掛けましょう。

また、子どもの身長の伸びが悪く心配な場合は医師に相談し、小児科発達外来で成長ホルモン注射など適切な治療が受けれます。

日々の生活のなかでも、外遊びを積極的にするなど工夫することで、分泌をよくすることができます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク