ハムストリングスとは

キーワード > ハムストリングス
ハムストリングスhamstring

ハムストリングスとは?

ハムストリングスとは下肢の後ろ側にある筋肉の総称です。

豚肉ハムを作るときにもも肉をぶら下げるために、ハムストリングスの腱が使用されたことが名前の由来です。

具体的には大腿二頭筋、半膜様筋、そして半腱様筋の3つの筋肉がハムストリングスに該当します。

運動能力に大きく影響する部分です。特に走ったり跳んだりする場合に重要な働きをします。

そのためハムストリングスという言葉はスポーツの世界で頻繁に使用されます。一方でトレーニングによって鍛えるのが難しく、肉離れなどの障害を起こしやすい部分でもあります。

長時間の立ち仕事をしている場合ハムストリングスに負荷がかかり緊張することになりますが、逆にデスクワークで長時間座っていることも緊張の原因となります。

ハムストリングスが緊張した状態では骨盤が後ろに引っ張られ、腰が丸まってお腹が前に押し出されます。また背中も丸くなるため猫背になります。

十分なストレッチによってハムストリングスの柔軟性を維持することでヒップアップ効果やお腹の膨らみ、猫背を解消する効果があります。

立ったままの姿勢で床に手をつくことができるようになれば十分な柔軟性があると言えます。 ハムストリングスの緊張を防ぐためには長時間同じ姿勢をとらないこと、そして背中を丸めて座らないことなど日常生活において注意が必要です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク