NK細胞とは

キーワード > NK細胞
NK細胞natural-killer-cell

NK細胞とは?

NK細胞とは、ナチュラルキラー細胞とも呼ばれるリンパ球の一種です。がん細胞や腫瘍(しゅよう)細胞などを発見し、攻撃する免疫システムです。

体を守るシステムとして免疫がありますが、免疫は低下すれば様々な病気のリスクに対抗出来なくなってしまいます。

この免疫システムによって体を守る役割を担うのがNK細胞であり、NK細胞は細胞が悪性化したり、ウイルス感染を防いで攻撃してくれるものになります。

NK細胞は初期防衛機構的な働きを行うもので、悪性の細胞やウイルスと最前線で闘ってくれるからこそ、健康体を維持して生活できるのです。

NK細胞をはじめとする免疫細胞は6割から7割程度は腸に存在しており、腸内環境を改善させる事によって免疫力の上昇に繋がり、結果的に病気のリスクを軽減させる事になります。

ちなみに、わかめもずくなどの海藻に含まれているフコイダンにはNK細胞を活性化させる働きがあります。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク