オーガニックとは

健康・美容 用語集 > オーガニック
オーガニックorganic

オーガニックとは?

オーガニックとは、農薬や化学肥料を使わず、有機肥料によって生産された野菜や果物などの農産物のことです。

過去3年間に、合成化学物質などを使用した耕地で生産されていない農産物が、認定の基準になります。

日本の食品では農林水産省の検査を受け、有機JAS認定を受けたもの以外はオーガニックとは認められていません。

また、現在日本では食品以外のものには、オーガニックの認証制度がありません

食品以外にもオーガニックコスメやオーガニックコットンなどの製品がありますが、これらは外国の認定機関等の認定を受けたものです。

海外の認定機関による認定にも「天然由来の原料からできていること」等の厳しい基準があり、それをクリアした製品がオーガニックと名乗れます。

また、オーガニックには、オーガニックフードやオーガニックな暮らしなどの言葉もあります。

しかし本来のオーガニックとは、化学肥料や農薬を使わず土壌や環境を健全に保ち、自然や動物、人間が共存できる自然で健全な生活を目的としています。

このように、オーガニックとは食品や生活用品の安全を目指すための指標であるように思われます。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク