リバウンドとは

キーワード > リバウンド
リバウンドregaining

リバウンドとは?

リバウンドとは英語で「跳ね返り」を意味する言葉です。ダイエットで目標体重を達成した後にダイエット前と同じ体重、もしくはそれ以上に体重や体脂肪率が増えてしまった状態を指します。

つまり、体重50kgの人がダイエットで45kgまで体重を落とし、その後47kgほどで定着した場合はリバウンドには当てはまりません。

リバウンドの原因は、無理な食事制限により栄養素を吸収しやすくなった、筋肉量が減って基礎代謝や消費カロリーが減った、ダイエットによるストレスで過食が進んだなどがあげられます。

ダイエットで食事制限をしていると、少ない食事量に合わせてエネルギー消費も減少する「ホメオスタシス」という機能が働きます。

この状態を「停滞期」といい、ホメオスタシスが働くと脂肪が蓄積されやすくなり、体重が減りにくくなります。

また、ダイエット中は脳の満腹中枢を刺激するホルモン「レプチン」の分泌量が減少します。それにより満腹感を感じにくくなり、つい食べすぎてリバウンドしてしまうのです。

レプチンの量が元に戻るには最低1ヶ月かかるため、ダイエットを止めた後でも体重を1ヶ月は維持することが重要で、食事量や食べる種類も少しずつ元に戻しましょう。

ダイエットとリバウンドを何度も繰り返すと、体重が減りにくく、痩せにくい体質となってしまいます。リバウンド防止には短期間での減量を避け、1ヶ月で5%以内の体重減少を目安にしましょう。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク