セルフメディケーションとは

キーワード > セルフメディケーション
セルフメディケーションself-medication

セルフメディケーションとは?

セルフメディケーションとは、健康を維持するための生活習慣です。

WHOは、セルフメディケーションを「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てをすること」と定義しています。

セルフメディケーションの取り組みを推進することで、健康管理の習慣や薬の知識が身に付きます。そうすることで通院することを減らし、医療費の増大を軽減する狙いがあります。

高齢社会による医療費の増大は、健康保険財政を圧迫する要因です。保険料の上昇を少なくすることや、給付レベルを落とさないために改善が求められています。

セルフメディケーションは、医療費控除の面でも役立ちます。2017年1月から新しい税制が始まっています。

特定の成分を含むOTC医薬品を1年間に12000円以上購入し、その年に健康診断やメタボ検診(会社や自治体が行うもの)を受けていることで、税金が還付されます。

これまでにも、年間10万円を超える医療費については、所得から控除されていました。ですが、健康な方は年間10万円を超えて医療費を負担することがなく、利用者が少ない制度になっていました。

メリットを得るために健康診断の受診がセットになることから、健康維持により高い効果があります。

健康的な生活は、規則正しい生活習慣や身体のケアの上に成り立つものです。セルフメディケーションの考え方は、それを実践する機会になります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク