サーチュイン遺伝子とは

キーワード > サーチュイン遺伝子
サーチュイン遺伝子sirtuin-gene

サーチュイン遺伝子とは?

サーチュイン遺伝子とは、長寿遺伝子とも言われている、本来人の体に備わっているものになります。

このサーチュイン遺伝子を活性化することで、抗老化(アンチエイジング)が期待できると考えられています。

サーチュイン遺伝子による老化を制御するメカニズムとしては、細胞を修復するタンパク質の活性化が挙げられます。

さらに、細胞の活性化に必要なエネルギーを作り出す「ミトコンドリア」を制御することで、生命を維持するために必要なエネルギーを、調節する役割があるのでは、と言われています。

その中で注目されている成分が、ポリフェノールの一種であるレスベラトロールです。レスベラトロールはブドウに多く含まれる成分になります。

フランス人の食事はバターチーズ、こってりとした肉料理など動物性脂肪の摂取量が多い食生活です。ところが、動脈硬化や心臓病の患者が少ないことが注目され、研究が進められてきました。

これをフレンチ・パラドックス(フランスの逆説)といいます。この要因として、フランス人は食事の時に赤ワインをよく飲むことから、赤ワインに含まれるレスベラトロールが、サーチュイン遺伝に働きかけていると考えられています。

もうひとつサーチュイン遺伝子を活性化する方法があります。それはカロリー制限をすることです。食事は腹八分目と言いますが、空腹状態を保つことによって、サーチュイン遺伝子が活性化すると言われてます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク