内臓脂肪とは

キーワード > 内臓脂肪
内臓脂肪visceral-fat

内臓脂肪とは?

内臓脂肪とは、腹部の臓器周辺にある脂肪のことです。

ちなみに、皮下脂肪とは、体の外側にある脂肪のことです。一般的に、内臓脂肪は男性がつきやすく、皮下脂肪は女性がつきやすいとされています。

内臓脂肪は、臓器周辺にあるため、外見上はわかりづらいですが、様々な病気を引き起こすリスクがあります。

放置しておくと、糖尿病、高血圧、動脈硬化といった重大な生活習慣病を招きます。そんな内臓脂肪を減らすために、有効な手段は大きく二つあります。

一つ目は、適度に体を動かす有酸素運動です。内臓脂肪は、皮下脂肪よりも落としやすいとされているため、ウォーキング水泳など、日々の運動で簡単に落とすことが可能です。

また食事制限も効果的です。極端な食事制限ではなく、炭水化物を控え、野菜をたくさん摂取するバランスの良い食事が良いでしょう。

内臓脂肪は、炭水化物が不足した際に、一番はじめにエネルギー源として消費される脂肪となります。

内臓脂肪は、大量についてしまうと健康へのリスクが高まりますが、食事制限や適度な運動によって簡単に減らせるあるため、食事の見直しや運動習慣が重要になります。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク