人体と数値副腎働き機能
副腎adrenal-gland

副腎の働きと機能を知ろう!

副腎の働きと機能

副腎は腎臓のすぐ上、心臓の下くらいに位置する臓器です。

小さな三角形の形をしており、ぎょうざ位の大きさです。あまり知られていない器官ですが、ヒトの生命維持には極めて重要な臓器です。

今回はそんな副腎について、その働きと機能をご紹介します。

副腎皮質ホルモンを分泌する働き(副腎皮質の機能)

副腎は大きく、表面にある副腎皮質と内部の副腎髄質に分けられます。

まずはじめは、副腎皮質の働きについて。副腎皮質には、副腎皮質ホルモンを分泌する働きがあります。

副腎皮質はコレステロールを原料に、様々な種類のステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)を分泌します。

副腎皮質ホルモンには、ナトリウムカリウム、水分バランスの調整、糖利用の調整、血圧を正常に保つ、ストレスからカラダを守るなどの機能があります。

アドレナリン、ノルアドレナリンを産出する働き(副腎髄質の機能)

副腎にはアドレナリン、ノルアドレナリンを算出する働きがあります。

これは副腎の内側にある副腎髄質の働きです。

アドレナリン、ノルアドレナリンは共にカテコールアミンの一種で、神経伝達物質の一つです。

アドレナリンは、ストレス反応の中心的な役割を果たしていて、放出されると心拍数や血圧が上昇し、血糖値を上げる働きをします。

一方、ノルアドレナリンは、アドレナリンの前駆物質で、ヒトの意識や思考を活性化する働きがあります。

関連コンテンツ

関連記事