人体と数値小腸機能働き
小腸small-intestine

小腸の機能と働きについて

小腸の機能と働き

小腸の機能とその働きについてご紹介します。

小腸は消化系に属する臓器で、十二指腸、空腸、回腸の3つに分けられます。小腸の長さは6~7m、表面積はテニスコート1面分の広さというから驚きですね。

今回はそんな小腸について、その働きと機能を解説していきます。

食物を消化し、栄養を吸収する働き

小腸の主な機能は消化と吸収です。

消化はでも行われますが、では全ての食物を完全に消化することはできません。

で消化されなかったかゆ状の食物は、十二指腸に送られ、十二指腸から消化液や消化酵素が分泌され、小腸内を通過する過程で栄養が吸収されていきます。

ちなみに、大腸では小腸を通過したカスから水分を吸収する働きをします。

カラダに良いもの、悪いものを識別するシステム

小腸の主な機能は消化と吸収ですが、もう一つ押さえておきたいのは、小腸内にある免疫システムの機能です。

小腸は栄養を吸収する働きがあるのですが、吸収する際に、カラダに良いものと悪いものを区別する必要があります。

このシステムがあることで、カラダに良いものを栄養として吸収し、悪いものは排出することができますよね。

ちなみに、この免疫システムが正常に機能するかは、腸内細菌の数によって決まってきます。

いわゆる善玉菌悪玉菌というやつですね。乳酸菌などの善玉菌を優位にしておくことで、小腸の免疫システムを正常に機能させることができます。

関連コンテンツ

関連記事