人体と数値脾臓働き機能
脾臓spleen

脾臓(ひぞう)の働きと機能について

脾臓の働きと機能

脾臓(ひぞう)の働きとその機能についてご紹介します。

上のイラストを見てもらう通り、脾臓は握りこぶしほどの大きさで、お腹の左上、肋骨のすぐ下に位置します。

なんとも目立たず、馴染みの薄い臓器ですね。しかし、脾臓は近年、重要な働きをする臓器として再認識されるようになってきました。

そんな脾臓について、その働きと機能をできるだけ分かりやすく解説していきます。

老化した赤血球を破壊し、取り除く働き

脾臓には老化した赤血球を破壊し、取り除くという働きがあります。

血液には全身に酸素を送るという働きがあります。その中で実際に酸素を運ぶ機能が赤血球です。

しかしながら、古くなった赤血球は柔軟性を失い、狭い血管を通ることはできません

こうした古い赤血球を脾臓内の網目構造に引っかけて破壊し、取り除くのが脾臓の働きです。

血小板を蓄える働き - 貯蔵量は全血小板の3分の1!

脾臓には血小板を蓄える働きがあります。その貯蔵量は全血小板の約3分の1というから驚きですね。

血小板とは血液に含まれる成分の一つで、止血や血液凝固の際に極めて重要な働きをします。

出血した時や運動の時など酸素を必要とするときに、必要に応じて脾臓から血小板が放出されます。

重要な免疫機能 - カラダの中で最大のリンパ器官

脾臓には細菌や異物からカラダを守る免疫機能の働きもあります。

脾臓には全身のリンパ球の約4分の1が集まっており、体内で最大のリンパ器官と言えます。

リンパ球とはリンパ組織の構成成分で、体内に侵入してくる細菌や異物、体内のがん細胞などからカラダを守る働きをします。

関連コンテンツ

関連記事