人体と数値働き機能
stomach

胃の働きと機能について

胃の働きと機能

胃の働きと機能について解説します。

胃が痛む、胃がもたれる、胃がムカムカする…など胃は臓器の中でも症状が現れやすい器官です。私たちにとって身近な臓器とも言えるかもしれませんね。

今回はそんな胃について。胃の働きと機能を解説していきます。

消化する働き

胃は食べ物を消化する働きがあります。

消化とは、食べ物を食べたときにその栄養をカラダに吸収できるように細かくする作業のことです。

食べ物は口で噛まれたあと、食道を通り、さらに胃で細かくされるんですね。

食べ物を蓄える働き

胃の上部には食べ物を蓄える働きがあります。

いわゆる食べ物の貯蔵施設のようなものですね。

さすがに大量の食べ物をすぐには消化できないので、一度胃の上部で蓄えておいて、少しずつ分解していくんですね。

ウイルスなどを殺菌する働き

胃は食べ物を殺菌する働きもあります。

胃には、食べ物を消化するために分泌される胃液という消化液があります。

胃液は強酸性で、細菌やウイルスの殺菌、有害物質を分解する働きをします。1回の食事で約0.5L、1日では約2Lもの胃液が分泌されます。

関連コンテンツ

関連記事