あんこうとは?あんこうの意味と概要について解説します。

食品・食材魚・魚介類 一覧あんこうあんこうとは
あんこうanglerfish

あんこうの概要

名称 あんこう 学名 Lophiidae
別名 華臍魚(カサイウオ)、琵琶魚(ビワウオ)
分類1 魚・魚介類 分類2 アンコウ科
原産地 - 主な産地 福島、茨城、千葉など

あんこうとは?

あんこうは、アンコウ科に分類される魚の総称です。別名、華臍魚(カサイウオ)、琵琶魚(ビワウオ)とも呼ばれます。

あんこう

あんこうとは、タラ類の近縁にあたる アンコウ科に属する魚のことで、食べられる種類の殆どが深海で生活しているのが特徴です。一般的にあんこうと言うと、「キアンコウ」と「アンコウ」を指します。

小魚やプランクトンをエサにしている種が大多数ですが、中にはスルメイカやカニウニなど、比較的大きな魚介類を捕食して食べているものも存在します。全長は1~1.5mにも達する大きな魚です。

分布エリアは非常に広く、5大洋であんこうが生息していないのは南極海だけで、地中海にも生息します。日本近海では底曳網漁で獲られていて、山口県下関や平潟、日立など茨城県での漁が盛んです。

あんこうは、鍋で食べるのがもっともポピュラーな料理法で、身は淡白でタラに似た味をしており、鶏肉に近い味と表現されることもあります。体全体が柔らかくてまな板の上では調理しにくいので、あんこうを捌く場合は下顎に鉤(カギ)をかけて吊し切りにするのが通常です。

ヤナギと呼ばれる淡白な身以外にも、体の幅広い部分の味や食感を楽しめるのがあんこうの特徴で、特に、あん肝と呼ばれ珍重される肝臓と、コラーゲンたっぷりで鍋に欠かせない皮部分が人気です。皮部分は、鍋以外では「とも酢」として食べられており、日本酒に合う一品料理として定番ですね。

あん肝は、脂肪分が約40パーセントと濃厚な舌触りが特徴で、「海のフォアグラ」とも呼ばれます。あん肝はあんこうの肝臓を蒸してからポン酢ともみじおろしで食べるのが定番で、居酒屋のメニューや缶詰などの加工食品としても広く親しまれています。

関連コンテンツ