梨とは?梨の意味と概要について解説します。

食品・食材果物 一覧梨とは
asian-pears

梨の概要

名称 学名 Pyrus serotina
別名 ありの実
分類1 果物 分類2 バラ科ナシ属
原産地 日本 主な産地 千葉、茨城、鳥取など

梨とは?

梨は、ナシ科バラ属に分類される果物(仁果)の一種です。別名、ありの実とも呼ばれます。

梨

梨とは、バラ科の植物の果実です。日本では、日本なし(和梨)・中国梨・西洋梨の3種類が出回っています。日本では沖縄県を除く46都道府県で生産され、国内では日本梨が普及しています。中国や朝鮮半島でも栽培されています。

日本では弥生時代から食べられていたことが分かっていますが、本格的に栽培が開始されたのは江戸時代です。明治に入ってしばらくは「長次郎」が日本全国の栽培面積のうち約8割を占めていました。

品種改良が盛んになった昭和に入ってからは、幸水・新水・豊水の「三水」が人気を集め、長十郎の生産量は減少傾向にあります。梨は皮の色で2種類に分けられます。「赤ナシ」は皮が褐色、「青ナシ」は皮が黄緑色のものです。品種別では、幸水、豊水、新高、二十世紀が多く作られています。

日本国内の主な産地は、千葉県、茨城県、福島県、栃木県、長野県の順に生産量が多くなります。梨は、品種よって収穫時期に差がある果物で、7~1月にかけて市場に出回り、旬は多くの品種が市場に流通する8~11月に迎えます。

追熟させる洋ナシと異なり、和梨は日持ちしないのが特徴です。冷暗所に保存しても3日ほどしか持たず、冷蔵庫でも1週間ほどが限度です。長持ちさせるためには野菜室に保存するのがベストです。

梨のシャリシャリとした独特の食感は、石細胞(せきさいぼう)のペントザンと、食物繊維のリグニンによるもで、便秘改善の効能に優れた果物です。

関連コンテンツ