アボカドオイルとは?アボカドオイルの意味と概要について解説します。

食品・食材油脂類 一覧アボカドオイルアボカドオイルとは
アボカドオイルavocado-oil

アボカドオイルの概要

名称 アボカドオイル 学名 Persea americana(アボカド)
別名 -
分類1 油脂類 分類2 クスノキ科ワニナシ属(アボカド)
原産地 中南米(アボカド) 主な産地 -

アボカドオイルとは?

アボカドオイルは、その名の通り、アボカドから抽出したオイルです。

アボカドオイル

アボカドオイルの原料となるアボカドは、森のバターとも称され「世界一栄養価の高い果物」としてギネスブックにのるほど果物です。

アボカドオイルには、アボカドの栄養素である、ビタミンB・ビタミンEビタミンAカリウムタンパク質などが豊富に含まれています。

アボカドオイルは、オリーブオイルのように料理に使用することも出来ますし、肌・髪のケアとして塗って使うことも出来ます。肌・髪のケアとしては、まず肌の保湿があります。浸透力があるため肌に馴染みやすく、顔だけでなく身体全体のケアにも使えます。

次に、オイルとしては中性脂肪やコレステロールの減少が挙げられます。これは、アボカドオイルに含まれる良質な脂肪酸による効果です。次に、腸内環境の改善です。アボカドオイルに含まれるオレイン酸は、腸を活性化させたり、排出物を排出しやすくする効果があり、便秘にも効果的です。

食べ方としては、アボカドオイルはくせがないので料理に使用しても味を邪魔することはありません。大さじ一杯ほどをそのまま食べたり、サラダなどにかけるのも良いでしょう。また、熱に強いため、揚げ物や炒め物、お菓子作りに使うのも有効です。

関連コンテンツ