ビーツとは?ビーツの意味と概要について解説します。

食品・食材野菜 一覧ビーツビーツとは
ビーツbeet

ビーツの概要

名称 ビーツ 学名 vulgaris vulgaris
別名 ガーデンビート、ビート、ウズマキダイコン
分類1 野菜 分類2 アカザ科トウヂシャ属
原産地 地中海沿岸 主な産地 オランダ、ニュージーランドなど

ビーツとは?

ビーツは、アカザ科トウヂシャ属に分類される野菜(直根)の一種です。別名、ガーデンビート、ビート、ウズマキダイコンとも呼ばれます。

ビーツ

ビーツとは、ほうれん草と同じアカザ科の野菜です。甜菜糖の原料であるてんさいと同じ仲間です。ビーツは深い赤紫色をしており、とても発色がいいのが特徴です。輪切りにすると中心から赤いと白の輪の状態の年輪のような模様があります。ビーツはカブに似た姿をしていますが、カブとは別種です。

ビーツは、強い抗酸化作用を持つベタシアニンというポリフェノールの一種を含見ます。また、ショ糖が多く野菜の中では高カロリーになります。その他の栄養成分には、ナイアシンパントテン酸などのビタミン、カリウムマグネシウムなどのミネラルも豊富に含み、むくみ高血圧の予防や効能が期待できます。

日本では、あまり馴染みがない野菜かも知れませんが、ロシア料理の赤いスープであるボルシチには欠かせない野菜です。またイタリア料理のリゾットやパスタ料理にも利用されます。

ビーツの味は、泥臭さのある甘みが特徴です。茹でると泥臭さが抜けてホクホクした芋類のような食感と甘みを引き出す事ができます。その他、蒸したり焼いたり、生食のサラダやジュース、酢漬や塩漬があります。また、サラダやピクルスなど料理の彩りを加えたいといった時にも活躍してくれます。

関連コンテンツ